第1話(1)

エピソード文字数 1,639文字

「いよいよ、その時が来たな。みんな、スタンバイよろしくです」

 次の日――14日の午前8時15分。角を曲がれば校門という地点で、俺はレミア達3人に頭を下げた。

「にゅむっ、お任せくださいだよーっ。屋上(おくじょー)からしーっかり見守ってるねっ」

 彼女達は立ち入り禁止の屋上で待機して、『戦場空間』が展開されたら駆けつけてくれるようになっている。
 現在地球人にはプリースト神のバリアーがあるし、優星には『金硬防壁』がある上に追跡魔法もかかってるからね。誰にも危害は及ばないのです。

「このバッグにゲーム機やら漫画やらを詰め込んできたんで、暇潰しにどうぞ。もし全部飽きたら、図書室で何か借りてくるから『遠言(えんごん)』で話しかけくださいな」
「ありがとう、従兄くん。でもご心配なくよ」
「きっと飽きはこないし、ワシらは出し物を――なんでもないがよ! さささっ、さささ登校してや!」

 フュルは高速で首を左右に振り、両手で『どうぞどうぞ』と促す。
 出し物で焦ったのが気になるが、遅刻はマズイからね。行くとしますか。

「私達はチャイムが鳴り、人気がなくなったら潜入するわ。従兄くんは、何も気にせずに登校してください」
「そーだよそーだよー。あのね、あのねっ。出し物のコトは少しも気にせず、学校生活(がっこーせーかつ)を送ってねーっ」
「お、おぅ。行ってきます」

 俺は挙動不審な三人に背中を押され、出発。いつものように門を潜って下駄箱で上履きを履き、廊下と階段を利用して2階にある1年C組の教室に入った。

「久しぶりの、1C。相変わらず、なんでか心地よい空気が漂ってるなぁ」

 と独りごちながら闊歩し、窓際最後尾の自席に腰を落とす。そうして教科書や筆記用具を机に入れ――……。明らかにシズナが入れたであろう、坂本龍馬の記念館のパンフレットをそっと鞄に戻す。んで今のはなかったことにしてセッティングをしていると、ワックスで髪を立てた男子が歩み寄ってきた。

「ういーっす、ユウ。久し振りだな」

 頼れる兄貴系――と評するのが、適当かな。やや怖そうな野性味を含みながらもどこか柔らかさを感じる男が、白い歯を零す。

「おはよ、雲海(うんかい)。おひさだな」

 コイツは俺が引っ越して最初にできた友人で現悪友、そしてクラスメイトの空霧(そらぎり)雲海。優星の笑いを理解できるレベルの高い者であり、『神魔法少女イウ』の作詞作曲をした者だ。

「あそうそう、ほいお土産。御家族で召し上がってくださいな」

 俺は鞄ちゃんを探り、お洒落な箱をお渡しする。
 これの中身は、高知産のユズをふんだんに使用した口当たりが優しいブッセ。高知県民の大半が食べたことがある(当社調べ)有名なお菓子で、コイツの大好物なのだ。

「どうも優星様、有難く頂戴します。オレは来週帰省するから、お返しを楽しみにしていろでございますよ」
「ほいほい、期待して待ってます。ただ、去年のアレはなしだかんな?」

 オレが拵えた愛情たっぷり八つ橋(とても不味い)、は要らん。アンタのおばあ様が拵えた、プロの八つ橋をくれ。

「ぇ~、なんだよつれねーな。……オレがこんなコトをするの、ユウだけなんだぞぉ?」
「上目遣いやめろ語尾を小さくするな。吐き気がする」
「おおっ、久々のツッコミが入りました! なんかキレが増してんなー」
「そりゃあねえ。そうさせる出来事が多々ありましたから」

 特に怒られ星人のおかげで、随分上達したなぁ。無駄な部分が伸びたなぁ……。

「ん? なにかあったん?」
「うん、色んなことがあったんだよ。間違いなく、世界で一番劇的な変化をしてます」

 職業 高校生→魔王使い。どんなエリートも腰を抜かすほどの、超ランクアップだ。

「ほー、オマエも変わったのか。なんだかアイツと一緒だな」

 雲海の目線が、左に動く。そこでソレを追ってみると、一人の女の子が教室に入って来た。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

色紙優星 16歳の少年


高知県生まれの主人公。

リリウという神様の聞き間違えで魔王使いになってしまい、おまけに『究極奥義』と呼ばれる力を何個も持ってしまった高校生。優しく他人想いなのだが、彼はとあるセンスが全くないのであった……。

黒真レミア 16歳の少女


魔王、でありながら伝説の勇者の能力を持つ。冷徹でクールな容姿と声音を持つ美少女だが、性格はほわほわでお子ちゃま。『にゅむ』という独特な言葉を多用し、時にはにゅむのみで会話を行おうとする。例「にゅむーむ。にゅむ。にゅむりん」。

なお愛用の武器である聖剣は魔王の天敵であるため、使うと痺れる。

金堂フュル 16歳の少女


伝説の勇者、でありながら伝説の魔法使いの能力を持つ。元気一杯の猫っぽい女の子で、高知県の英雄・坂本竜馬の大ファン。そのせいで『ぜよ』と中途半端に覚えた土佐弁を使い、主人公のことは『師匠』、仲間のことは名前のあとに『先生』とつけて呼ぶ(例えばレミアの場合はレミア先生)。

なかなかにおバカな女の子。

虹橋シズナ 17歳の少女


伝説の魔法使い、でありながら魔王の能力を持つ。大和撫子然とした容姿を持つ美少女であり、主人公の義理の従妹。

重度の怒られ好き。

とにかく変で厄介で面倒くさい人。

茶操ユニ 18歳の少女


伝説のドールマスター、でありながら伝説のプリーストの能力を持つ。キグルミ族という一族の人間で、閉園したテーマパークのキャラクター・二足歩行ウサギの着ぐるみを着ている。口癖は、ミョン。

実はお笑いにうるさく、親戚は某有名人。

プリースト神 年齢不明


茶操ユニが持つプリーストの杖に宿る、プリーストの神様。

実は……。

橙式エイリ 14歳の少女


伝説のモンスターテイマー、でありながら伝説の召喚士の能力を持つ。所謂スケバン然とした容姿と声を持つが、グループ最年少の中学生でみんなの妹的存在。でもレミアやフュルよりずっとまともで、ヤツらの方が妹的存在な気がする。

野菜が大好きで、とても詳しい。

タンザ・クー 年齢不明


橙式エイリの召喚獣で、俳句世界(はいくわーるど)の王女。

タンザが姓で、クーが名。

二万年後に、地球の傍に誕生する世界からやって来た。


色紙育月 16歳の少女


高知県大豊町在住の、優星の従妹。中学卒業と同時に本格的にピーマンの生産を始め、今ではテレビの取材を受けるほどになっている。


薄幸の美少女然とした容姿と、従兄想いの優しい性格が自慢の従妹です! by色紙優星

謎の声 年齢不明


優星にだけ聞こえる、不思議な声。

なぜか正体を明かそうとしない。

リリウ 神様


願いを聞き間違えて、優星を魔王使いにしてしまった神様。

神様の世界で流行しているゲームに夢中で、神様のお仕事はほとんどしない。

とってもダメな、神様(?)な神様。

麗平活美 16歳の少女


ストロベリーブロンドのドリルヘアーが特徴の、優星のクラスメイト。

お嬢様然とした容姿で気品があるように見えるが、非常に活発。実は……。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み