準備運動

文字数 598文字

ごきげんよう。……声があるってこんな感じなのですね、必要もないのに歌いだしたくなる楽しい気分だわ。
不必要なことならしない方がいい。余計な物音を立てるべきじゃない。やかましさは面倒ばかり運んでくる。
 このようにして、容姿から大雑把な個性を一方的に付与された二人の会話が、これまた大雑把に開始した。
まあ。姿が見えないどなたかが、私達の説明をなさっているわ。どうもありがとう、はじめまして。
……どこに向かってお辞儀をしているんだ?
この護衛に冗談は通じません
余計なものが出てきた。
現れたからには、どなたかの意思でなされたことではなくて?
それを論じるのは僕の仕事じゃないな。
お仕事熱心ねえ。
さて、本気を出したらどれくらい長くお喋りできるのかしら。ちょっと試してみようかしら。

『寿限無、寿限無

五劫の擦り切れ

海砂利水魚の

水行末 雲来末 風来末

食う寝る処に住む処

藪ら柑子の藪柑子

パイポパイポ パイポのシューリンガン

シューリンガンのグーリンダイ

グーリンダイのポンポコピーのポンポコナーの

長久命の長助』

長さを試すには短い。しかし単なる一発言にしては改行が多く長い。
……あと、君の口から寿限無が紡がれるのは……早くも色々なことが迷子になりつつある気が。令嬢、なんだよな?
ではこの流れであなたのお名前をジュゲムにしてしまいましょうか。
断固としてその流れは断ち切らせて頂く。
特にオチというオチもないまま、準備運動おしまい。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

穏やかな物腰の令嬢

無愛想な護衛

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色