第21話

文字数 1,003文字

(ルード)
って言ってもどうすんだ?ネイトとウィンドには隠れてもらうがロナはどうなのだろうか・・・
魔法効くのか?絶対効かない気がするが・・・
「ははっ!月 虹 慟 哭」
ズドドドドドドドドドド・・・
「避けきられない・・・」
ズドン!
「!」
「防いだだと・・・」
「さすが運。」
「ロナ、あいつには魔法は効くのか?」
「えっ?知らないけど・・・」
「フロウム・シューティングスター!」
ズドドドドドドドドドド・・・
ズバババン!!!!
「なんだこの魔法は・・・まさか破壊魔法・・・パーフェクトチャームか・・・だがな・・・俺の雷剣には勝てぬぞ、陽 炎 真 紅」
ズドドドドドドドドドド・・・
と剣を前に振りかぶった。
「くっ!」
「ルード・ジュラメイト・ペイル・・・これで終わりだ。」
「させるか!パンチ!」
ズドン!!!!
「痛い!なんだこの威力・・・まさかパンチが2000万ぐらい・・・」
「運だよ、運」
「運・・・運だと、ノヴァ様と同じではないか」
「お前・・・そいつを知ってるのか、」
「ノヴァ様は私を暗殺官として採用してくださった。恩人だ。行先もなくただひたすら歩いていたらこの雷剣をくださった。そして俺は・・・今に至る。暗殺官としてお前を殺す!」
「ちょっと待ってくれ。ノヴァ様って?」
「ノヴァ・エレクトーン。ファールド・ヴァンシセ連邦国の国王だ。」
「国王だと・・・」
「ルード、そいつがお前の標的だろ?」
「あぁ・・・村長失踪事件の犯人だと思うんだぜ」
と言うとサンドラが大笑いした。
「ガハハハッ!!!!」
「何が悪い?」
「お前らがノヴァ様に勝てるわけないだろ・・・」
「そうか・・・じゃあお前を倒せたら暗殺官を殺した男として名を広めるぜ」
「それを阻止して見せる!幻 影 無 双」
ズドーン!!!!!
ズバババン!!!!!!!!!!!
「うっ・・・」
「ルード・・・」
「深いダメージを負った・・・・」
「まかせろ、ここは私が行く」
「破壊魔法の淑女・・・君かい?」
「あぁ・・・そうですよ・・・フロウム!!!!」
ズドーン!!!!
「うわっと・・・わざと外したのか?」
「よくわかるな・・・相手にこれを言っておくよ、ハンデだ」
「そんなハンデなどいらん!陽 炎 真 紅」
赤い稲妻がロナに向かう。
「フロウム・バーストアタック」
ズバババン!!!!!!!
「技を破壊までするとは・・・」
「言っただろ、破壊魔法こそ私の頂点などだ」
「俺はそれを超えてやる、その破壊魔法とかいうやつをな!」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

山之内護(やまのうちまもる)職業 小説家 血液型AB型 身長171㎝ 体重56㎏

あまり売れない小説家。出版社に持っていくけど相手にされていない日々。

異世界転生前です、画像はかっこいいけど実際は違うと思う(作者が言っています)

ルード・ジュラメイト・ペイル 職業 無職 能力 運 数値 8000万

山之内護の転生後、運が8000万と言われ驚く。画像は美少年だがもうちょいあったと思う。

ネイト 職業 牧場長 能力 パンチ 数値 10万ほど

最初の村<ラビリン>で出会った最初の仲間。ユニコーン探しに手伝って仲良くなった。

冷静な判断能力を兼ね備えている。

ウィンド 職業 なし 能力 パンチとか 数値 5万ほど

最初の村<ラビリン>で出会った二人目の仲間。5歳ぐらい、親はいないらしい。

ネイトとは親友。一緒についていくことになる。(ルードと画像が似ているが違います)

ジャック・メルトン 職業 魔法使い見習い 能力 風魔法 数値 5000万

森の学園フラメルドの二年生。風魔法を一年の時に完璧に覚えた。

なかなかの持ち主だが、おっちょこちょいである。ロナのことが好きらしい。

ロナ・バイオレット 職業 魔法使い 能力 破壊魔法 数値 8000万 

森の学園フラメルドの二年生エース。生まれつきの破壊魔法を覚えて8000万となった。

校長からはあまり気に入られていない

ドレーナ・フィンド 職業 魔法使い 能力 水魔法 数値 3000万ほど

森の学園フラメルドの二年生。ロナの友達。水魔法を使いこなす魔法少女。

リーダー的なタイプで真面目な性格。

サンドラ・ヴェイン 職業 殺し屋兼剣士 能力 雷 数値5000万

冒険家でもあり殺し屋でもある。ジャングルの底地に住んでいる。夢はモテモテウハウハハーレム王国を築くこと。

キザな性格ではなく面白い男である。冷静な判断能力と言語能力を持っている。

ゼノ・ロンド 職業 ??? 数値 ???

現在、船でノヴァ様に命令<オーダー>を受け、ルードを追っている。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み