126

エピソード文字数 496文字

「そもそも明智城から落ち延びた際に、於濃の方様をすぐに清州城に帰されず庇護していたことが、確たる証拠。その時より、いや、もしかしたら輿入れ前より情を通じていたのやもしれませぬな」

「織田軍がこのような時に、下世話なことを広めるとは何事だ!」

「下世話なこととな?ふふふ、平手殿も気をつけなされ。壁に耳あり障子に目ありと申すであろう」

「……っ」

 秀吉は信長とあたしのことを疑っている。

 戦国武将の誰もが天下人になりたくて、敵味方なく、主君を蹴落としたくてウズウズしているのだ。

 一晩で味方が敵に寝返る時代。
 真の重臣など存在しない。

 ――1578年(天正6年)
 “毛利軍と織田軍の攻めぎ合いは続き、織田軍は優位に立つ。”

「毛利水軍の援助を受けれず、石山本願寺と荒木は孤立しておる。容赦なく攻めて攻めて、攻め続けよ!」

 信長の勢いは止まらず、翌年には織田軍と毛利軍の優劣は完全に逆転した。



「上様、祝盃を」

 月を見上げながら、酒を酌み交わす信長は、その時だけは鬼の形相から優しい眼差しへと変わる。

 あたしの肩を抱き寄せ、2人きりで祝盃を上げた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み