エピソード文字数 726文字

 自分の心を悟られないように、男から視線を逸らし、信也の煙草ケースから煙草を1本抜き取り口にくわえた。

「紗紅、未成年のくせに煙草なんか吸うんじゃねぇ」

 信也はあたしの口から煙草を奪い、自分の口にくわえライターで火を点けた。

「紗紅……?あんた、もしかして黒紅連合(くろべにれんごう)の……?」

 あざみと呼ばれた女が、あたしをまじまじと見ている。仲間と走る時は素顔がバレないように濃いメイクをしているが、今日は信也と一緒だからメイクはしていない。

「黒紅連合って、最近この界隈を彷徨いてるレディースじゃん。メイクしてねぇし、フツーの恰好してっから、わかんなかったよ。へぇ、信也もまだ抜け切れてねぇな。レディースの総長が新しい女だなんて、俺達と一緒じゃん。
安月給で働かなくても、金が稼げる方法は幾らでもあるんだぜ。お前さえその気になれば、俺が雷竜会の幹部に口を聞いてやってもいいぞ」

 雷竜会……!?
 闇の組織……!?

「お前ら、裏で汚い商売してんじゃねぇよ。俺はもう引退したんだ。族とはもう関係ねぇ」

 あざみが立ち上がり信也にツカツカと歩み寄る。手にしていたグラスを持ち上げ、グラスに入っていたビールを信也の頭に浴びせた。

「族とはもう関係ねぇ?あんたのせいで、(さく)は死んだんだ。族をやめれば、それでチャラになると思ってんの?」

 あたしは思わず立ち上がり、あざみの胸ぐらを掴む。

「てめぇ、何やってんだよ!信也に詫び入れろや!」

「詫び?あはは、信也聞いた?詫びを入れなきゃなんないのは、信也だよね?この女、いかれてんの?」

 信也が真顔で立ち上がり、あざみではなくあたしの手首を掴んだ。

「紗紅、やめろ」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み