第13話

文字数 746文字

「なんなんだ・・・あいつは・・・」
「ええい、私が勝負するしかないな、」
ロナが前に出た。
「フロウム!」
ズドーン
「痛ェ・・・」
攻撃が効いた。
「ロナ、破壊魔法で倒して!」
「任せて、私が不法侵入者など破壊させてやるんだから」
「運8000万の男だっ!お前を仲間にしてやるぜ」
「そうしてみろ、不法侵入者め、フロウム!」
ズドーン!!
(ルード)
ちょちょちょ、待て、こいつあいつらよりはるかに強いな・・・。
どうする?
ルードは不安しかなかった。
「・・・おらっ!」
とパンチを繰り出したが、
「・・・」
何にも聞いていない・・・
(ルード)
おいおい、ちょっと待てよ・・・物理攻撃無効じゃあねえか
「言っておくが物理攻撃は無効だ」
(ルード)
だよね!!!!!
魔法とかやったことないんだけど・・・
「フロウム!フロウム!」
(ルード)
ダメだ・・・パクることもできねえ
意外と使いずらいな運って
「効かないかもだが・・・」
とローキックをした。
ズドーン!
「なんなんだこれ、ドレーナ」
「あいつ物理攻撃してるのに・・・こんな強大なパワーが・・・」
(ルード)
効いた・・・?
よしっ!
「やるじゃん、でもな、フロウム・シューティングスター」
まるで星のような爆弾が降り注いだ。
「ひぃぃぃぃ・・・大丈夫か!ウィンド」
「ネイト爺ちゃんも大丈夫なの?」
(ルード)
おいおい、破壊魔法の新しい技か・・・
爆弾じゃあねえか・・・
「フロウム」
ズドッ!
と地面が割れた。
(ルード)
破壊魔法・・・ってパーフェクトチャームっていうやつだよな・・・
やっぱこれ・・・最強じゃん!
「アタック・アルテミス!」
と適当に言った。
ズドーン!
(ルード)
なんか当たったぞ!
すげえ!
「・・・・・ロナ!こいつ、魔法もできるんじゃないか?」
「・・・そうか・・・じゃあ五分五分だな、」
いよいよ戦いは最終戦へ

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

山之内護(やまのうちまもる)職業 小説家 血液型AB型 身長171㎝ 体重56㎏

あまり売れない小説家。出版社に持っていくけど相手にされていない日々。

異世界転生前です、画像はかっこいいけど実際は違うと思う(作者が言っています)

ルード・ジュラメイト・ペイル 職業 無職 能力 運 数値 8000万

山之内護の転生後、運が8000万と言われ驚く。画像は美少年だがもうちょいあったと思う。

ネイト 職業 牧場長 能力 パンチ 数値 10万ほど

最初の村<ラビリン>で出会った最初の仲間。ユニコーン探しに手伝って仲良くなった。

冷静な判断能力を兼ね備えている。

ウィンド 職業 なし 能力 パンチとか 数値 5万ほど

最初の村<ラビリン>で出会った二人目の仲間。5歳ぐらい、親はいないらしい。

ネイトとは親友。一緒についていくことになる。(ルードと画像が似ているが違います)

ジャック・メルトン 職業 魔法使い見習い 能力 風魔法 数値 5000万

森の学園フラメルドの二年生。風魔法を一年の時に完璧に覚えた。

なかなかの持ち主だが、おっちょこちょいである。ロナのことが好きらしい。

ロナ・バイオレット 職業 魔法使い 能力 破壊魔法 数値 8000万 

森の学園フラメルドの二年生エース。生まれつきの破壊魔法を覚えて8000万となった。

校長からはあまり気に入られていない

ドレーナ・フィンド 職業 魔法使い 能力 水魔法 数値 3000万ほど

森の学園フラメルドの二年生。ロナの友達。水魔法を使いこなす魔法少女。

リーダー的なタイプで真面目な性格。

サンドラ・ヴェイン 職業 殺し屋兼剣士 能力 雷 数値5000万

冒険家でもあり殺し屋でもある。ジャングルの底地に住んでいる。夢はモテモテウハウハハーレム王国を築くこと。

キザな性格ではなく面白い男である。冷静な判断能力と言語能力を持っている。

ゼノ・ロンド 職業 ??? 数値 ???

現在、船でノヴァ様に命令<オーダー>を受け、ルードを追っている。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み