初めてのバレンタイン♡ ③

文字数 2,242文字


****

 ――そしてやってきた、バレンタインデー当日。
 とはいっても平日だったので、わたしは学校にも行かなければならず、その後に出社することにもなっていたため、チョコの包みを持ち歩くわけにもいかなかった。こんな寒い日にはあちこちで暖房が効いていて、チョコが溶けてしまうからである。

 というわけで、わたしは終業時間の少し前、彼の目を盗んでこっそり史子さんにメッセージを送った。彼はこんな日なので、女性社員から呼び出されて会長室にいなかったのだ。
 多分、みんな仕事中の彼を呼び出すのは忍びなくて、わざわざ終業時間の後も会社に残ってタイミングを計っていたのだろう。熱心なことである。

〈史子さん、わたしはあと五分ほどで会社を出ます。
 それから二十分くらいで家の前に着くと思うから、その頃になったらチョコの箱を持って門のところで待機してて! よろしくお願いします(__)〉

〈了解致しました、お嬢さま〉

 母はもう帰宅していたはずだけれど、仕事で疲れている母に頼むわけにはいかなかったので、この作戦には家にいる史子さんの協力が不可欠だった。

「――会長、長く席を外してしまって申し訳ありません。女性社員が、なかなか僕を解放してくれなくて……」

 やっとのことで会長室に戻ってきた彼は、大きな紙袋を抱えていた。中にはドッサリ、女性社員たちからもらったチョコが入っていたのだろう。
 やっぱり彼、モテるんだ……。わたしはちょっとヘコんだ。でも彼にはそんなことを悟られるわけにはいかないので、ちょっと大げさに驚いて見せた。

「お帰りなさい、桐島さん。スゴい荷物ね。それって全部チョコなの?」

「ええ……、まあ。チョコじゃないのもありますが。どうせ本命はひとつもないですよ。ちなみに、加奈子さんからは頂いてません」

「……でしょうね」

 母はその頃、まだ父を早くに亡くした傷が癒えていなかったのだ。もし誰かにプレゼントを贈っていたとしても、その相手が彼というのはあり得ない。
 それにしても、「本命がひとつもない」というのは本当だろうか? というか、彼自身は知らなかったのだろうか? 自分が「彼氏にしたい男性社員ナンバーワン」だという事実を。
 わたしは知っていたけれど、まさかここまでとは……。これだけ大量にもらっていたら、わたしのチョコなんてあげてもあげなくても同じことなんじゃないだろうかと、ちょっと拗ねたくなった。あれだけ一生懸命考えて、頑張って作ったのに……。

「っていうか、そんな大量のチョコ、ひとりで食べ切れるの?」

 そういう問題じゃないと思うけれど、わたしは彼がお腹を壊してしまうのではないかと心配になった。

「そうですね……、何日かに分ければ何とか。チョコは日持ちしますし、食べ切れないからって突っ返すわけにもいかないじゃないですか」

「…………うん」

 確かに、もらっておいて突っ返す方が、あげた側は余計に傷付くかも。それなら最初から受け取らなきゃいいじゃない、と言いたくなる。……わたしなら。

「じゃあ、言ったことはキッチリやってもらうわよ? 何日かかってでも、そのチョコはちゃんと食べてあげること。それから、ちゃんとお返しもしてあげてね。お金かけなくてもいいから。これは、会長命令です」

 わたしはチョコをあげた女性社員たちに同情して、彼に釘を刺した。ホワイトデーになって、「バレンタインに贈り物をしたのに、桐島くん、お返しくれなかったんですよー」なんてわたしに苦情が殺到したらたまったもんじゃない。

「分かってます。そこはキチンとしますよ。――さて、ボチボチ仕事を切り上げて退社しましょうか。そろそろ六時になりますよ」

「そうね」

「……あの、会長。えっと――」

 彼が何か言いかけて、言いにくそうに口ごもった。チョコの催促をしたかったのけれど、相手が会長(わたし)なので何となく言いにくかった。そんなところだろう。

「ん?」

「…………いえ、何でもないです」

 彼は結局口には出さず、うまくごまかして帰宅準備を始めるために秘書室へ一旦戻っていった。心なしか、ガックリ肩を落としているように見えた気がする。
 ……分かってるよ、桐島さん。わたしもサプライズにしたいから黙ってたけど、ちゃんと準備はしてあるのよ。
 何も知らずにうなだれている彼にはちょっと申し訳なくて、心が痛んだ。

****

 その日の帰りの車内には、気まずい空気が流れていた。彼はいじけていたのか、運転中は一言も口を聞かず、わたしもチョコのことを言いたいけれど言えなくて、何だか落ち着かなかった。

「――絢乃さん、今日もお仕事お疲れさまでした。では、僕はこれで――」

 彼は我が家のゲートの前に着くと、普段通りにわたしを降ろしてさっさと帰ろうとしていた。もう、わたしからのチョコはないものとすっかり諦めているようだったので、わたしは慌てて彼を引き留めた。

「あっ、ちょっと待って! 今日、バレンタインデーでしょ? 約束してたから、ちゃんと準備してあったの。――史子さーん!」

 ちゃんと指示したとおりに彼女は待っていてくれて、わたしがチョコを手渡した時の彼の驚きと、嬉しそうな笑顔がわたしは今も忘れられない。

 その夜、彼から「チョコ、ありがとうございました。美味しく頂きましたよ」と電話がかかってきた。どうやら、わたしがあげた分を真っ先に食べてくれたらしい。
 
 ――実はあのチョコが本命だったと彼が知るのは、もう少し後のことだった。

                    E N D
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃よ中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み