第三三話 世界初の快挙と魔物

エピソード文字数 3,351文字

 ◆天文十四年(一五四五年)十月下旬 尾張国(おわりのくに) 那古野(なごや)

 先月から気合を入れて推進してきた経済政策の数点が、形になってきたので、ここまでの状況をまとめてみよう。
 どれも、基本的に運営は商人任せ。人手はかからない。
 全て元手もかからないし、スタートアップした段階でお金もがっぽりもらえる。

 というのは、例えばお金一億円を集めて会社を作ったとしよう。現代だったら、出資したお金の配分によって、配当を貰えたりと株主の権利が発生する。だけどおれの採用したのは、集まった元手の半分の五〇〇〇万円をまず織田家がもらう、というエグい方式。

 ノウハウや複式簿記を教えたり、システムを構築するんだから当然だよな。それに元手を半分持っていっても、充分儲かるから期待していてくれ。
 それから業務を行なって、利益が出たらそのうちの半分も頂きます。歴史的に成功したビジネスだから、確実に利益は出るはずだ。正解を知っているのだから、最大限に知識を利用させてもらうよ。

 このようにスタートアップさせたのが、まず一つ目は那古野取引所。世界初の先物(さきもの)取引所(とりひきじょ)を作った快挙です。史実で江戸期に開設された、堂島(どうじま)米会所(こめかいしょ)の先取りだな。

 手始めに米の先物取引所と、米の現物(実物の米を扱う)取引所を造った。先物取引は簡単にいえば、将来期日の売買取引を現時点で数量と価格を決定する約束だな。先物取引所では、米相場の変動による損を防ぐリスクヘッジができるため、生産者の豪農や、買い手の米商人などは大助かり。

 例えば、米一俵の平均価格が一万円だとしよう。農家は収穫前に、米を売る約束をしてしまうんだ。十月末に米一俵を一万円で売りますと。
 十月末時点で米相場が、一俵あたり六〇〇〇円に暴落した場合、先物取引では相場の上下の差額をお金で精算する。だから、農家は先物取引で四〇〇〇円受け取れる。そして現物取引では、平均相場より安い六〇〇〇円で米が売れる。先物取引と現物取引を合算すると、農家の受取れる金額は、一万円で平均と変わらない。

 相場が下がった場合と逆に、十月末時点で一俵あたり一万三〇〇〇円に暴騰したとしよう。すると農家は先物取引で、三〇〇〇円を損をしてしまう。ところが現物取引では、一万三〇〇〇円を受け取れる。合算すると一万円だから、受取れる金額は一万円で平均と変わらない。

 これが、生産者向けの売りヘッジの仕組み。厳密にいえば、取引手数料の支払いなどあるけれど、生産者の農家は米相場の上下を気にしなくても、一定の収入が得られるわけ。
 一方米商人も、収穫前に予め適切な価格で、米を買う約束ができる。そうすれば、米相場の上昇による損を防ぐ買いヘッジができる。

 先物取引所では、リクスヘッジ用途の取引以外で、米相場の上下によって利益を狙った投資ができる。だから、織田領内の、津島(つしま)熱田(あつた)以外の商人も、ぞろぞろと那古野取引所に寄ってきた。
 先物取引の米相場は、現物取引の米相場に先んじて動くことが多いため、実物の米を扱う取引所も同時に作ったんだ。先物取引の相場で現物取引の相場予測がしやすいから、得をしたい人は那古野で米を売買する。

 米とカネを押さえれば、迂闊に敵は手を出せない。
 敵性商人には取引停止や米の没収など、厳しい手段が待ってるし、商人ならば、儲けの出しやすい那古野で取引をしたい。だが那古野で取引するならば、織田家と友好的でなくてはいけない、というジレンマに陥るはずだよ。

 取引所の収益は、売買手数料と、取引所で売買できる権利金になる。
 当初は米だけの取引だけど、大豆や麦など別の取引品目も状況に応じて増やすつもりだ。

 スタートアップさせた第二弾は倉庫業務。那古野取引所を開設したので、実物の米を保管する倉庫が必要になる。当然の話だな。
 倉庫業務の収益は、初回の契約金と毎月の賃料となる。

 そして、第三弾は那古野海上保険。これも取引所と同じく世界初の快挙だ。
 史実でイギリスのロイド保険がしていた事を真似たんだ。
 事故や海賊の襲撃に備えて、保険を掛けたい船主(ふなぬし)と、主に商人の保険引受人(アンダーテイカー)を仲介する業務が今の段階。

 保険引受人は航海が成功すれば、積荷割合分の儲けをもらえる。航海が失敗すれば、予め契約で決めた額の保険金を支払わなくてはいけない。
 保険引受人は、投資をしているようなものだな。
 ロビーのようなスペースを設けて、保険引受人が待機できるようにする。保険を掛けたい船主がやってきて、商談するという形式だ。

 将来的には、事故の確率によって保険金を決定する方式がいいのだろう。だが、まずは、統計を取っていくしかないかな。
 現在は那古野を起点とした、国内近距離の商用航海が保険の対象。だが、数十年後にはきっと、大きな元手が必要な海外貿易にも応用できるはず。夢が膨らむな。
 海上保険業務の収益は、仲介手数料を貰う形式だ。

 最後は、みんなが大好きな宝くじの販売。
『年末巨大(とみ)くじ』と称して、そろそろ販売する予定になっている。巨大といっても、現在は一等百貫、二等十貫、三等一貫だ。
 一等でも現代の価値で一〇〇〇万円だから、現代のジャンボ宝くじと比べると、とても細やか。だが、貨幣のやり取りが一般的な那古野では、きっと大人気になるはずだ。
 宝くじの販売業務は、スタートアップの際に、お金は入らないけれども、収益は結構見込めるんじゃないかな。

 とにかく、兵や内政官その家族たちの移住もあって、那古野は人口が急増中。さらに、那古野に集まった人をターゲットにした、飲食店や店舗もどんどん増えている。
 那古野は、辺鄙(へんぴ)な城だった以前とは、比べものにならないほど、活気のある街になりつつあるんだ。まだまだ、兵も内政官もかなり人手不足の状態だから、さらに活気が溢れるだろう。

 お金儲け以外でのニュースは、まず信パパたちが清洲城に移ったこと。これまで居城にしていた古渡(ふるわたり)城は破却だ。
 この時代は、領主が自分の領地を守るために築いた、規模の小さい城がゴロゴロある状態。
 国境付近や重要拠点の城以外の不要な城は、どんどん破却する方針にしている。
 戦術的にも兵力を集中する方が有利でしょ? 国人領主の力がまだ大きいので、実施は難しいけれど、基本的に全員を銭で雇う形に早く移行させていきたい。

 その他の織田家ニュースといえば、お市ちゃんが誕生したらしい。
 史実よりも、若干早めなのかもしれないな。信パパの九女あたりだろうか。史実でお市の方は、近江の浅井(あざい)長政(ながまさ)(とつ)いで、再婚で柴田勝家の奥さんになった。この世界では、どのような運命を辿るのだろう。元歴史ファンとしては楽しみだぞ。勝家とは年の差が二十歳だから、冷静に考えてかなりのものだよな。

 個人的なニュースとしては数日前に、悲願の屋敷が二の丸の隅にちんまりと建ちました。
 ただ長い間居候していた客間も、そのまま仕事部屋として残してあるので『どんっどんっどんっ!』は毎日聞けている。
 そして、ぽかぽか第一弾のこたつも完成。ついでに布団も作ってもらって、快適度が数倍上がっているよ。
 ぽかぽか第二弾のお風呂は、浴槽は完成しているけれど、釜の完成まではもう少しの辛抱だ。

 自分の屋敷におれが引っ越しても、嬉しい事に信長ちゃんが、ちょくちょく来てくれる。
 ただ、おれ目当てではないような?
 今も、彼女はこたつでヌクヌクしている。
「さこんの話していたとおり、こたつはぽかぽかで比類なき心地良さなのじゃ」
 すっかりこたつが気に入って極楽顔の信長ちゃんである。
「はっ!」

「こやつは魔物であるな。出るに出られぬゆえ困るのじゃ」
「では、強引にこたつから出して差し上げましょうか?」
「強引に出されるのも、ぽかぽかでなくなるゆえ困るのじゃ」
 上司で城主が、ダメ人間になっています。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

織田吉(三郎信長


 那古野城城主で周辺一〇万石の領主。織田信秀の嫡子。

 織田信秀の次男に生まれるはずが、どこで間違ったのか女性に生まれてしまった。見た目は現代風美少女だが男装を好む。最近はアクセサリーを頻繁に変える、鎧を着替えるなどオシャレに気を遣うようになっている。

 奥手で、『つるでぺた』を気にしているが実態は不明。


 戦場では鉄砲を使う。

 初陣で敵大将を討ち取るという大殊勲を挙げた。

 美濃の斎藤義龍との結婚計画があったが流れた。

 口癖は、一人称「ワシ」、二人称「ヌシ」、語尾は「のじゃ」、肯定は「で、あるか!」。「素っ首貰い受ける」もお気に入りのようだ。

 自分に理解を示した左近のことを、とても気に入ってやがて好意を示す。左近の部屋に入り浸っている。

 政治・外交・経済のセンスは抜群で、左近をはじめ周囲をしばしば驚かせる。

 頭に血がのぼると一直線な行動をとることも多い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み