一般小説作品詳細

フクロウがないていた

2|ミステリー|完結|1話|4,322文字

短編, ミステリー, フクロウ, フクロウカフェ

187 views

フクロウカフェの二階で、小さなフクロウの死体と共に遺体として発見された土屋凛子。彼女の同僚である赤石風香は事件の真相を突き止めるべく、探偵の私に依頼を持ちかけた。

赤石風香は事件現場に関して、興味深い表現をした。
「フクロウがないていた」

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

フクロウがないていた

木村文彦  kimuraayahiko

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
ミステリー
タグ
短編, ミステリー, フクロウ, フクロウカフェ
総文字数
4,322文字
公開日
2019年06月11日 10:09
最終更新日
2019年06月12日 12:39
応援コメント数
0

応援コメント一覧

応援コメントはありません

作者プロフ

木村文彦  kimuraayahiko

よろしくお願いいたします。

この作者の他の作品

小説

2|SF|連載中|2話|5,478文字

2019年06月17日 18:57 更新

仮想通貨, 評価経済, 時計技師, 職人, SF

東京オリンピックも終わり、超少子高齢化に直面していく日本。 落ち込む景気を打開させようと政府は「評価経済決済法」を制定した。 この政策により、国民は評価経済を重視せざるを得なくなる。...

小説

2|ミステリー|完結|1話|4,322文字

2019年06月12日 12:39 更新

短編, ミステリー, フクロウ, フクロウカフェ

フクロウカフェの二階で、小さなフクロウの死体と共に遺体として発見された土屋凛子。彼女の同僚である赤石風香は事件の真相を突き止めるべく、探偵の私に依頼を持ちかけた。 赤石風香は事件現場に関して、興味深い表現をした。...

TOP