劉縯

作者 橘誠治

[歴史]

5

4,667

0件のファンレター

古代中国・後漢王朝の始祖、光武帝の兄・劉縯(りゅうえん)の短編小説です。 もともとは彼の方が皇帝に近い立場でしたが、様々な理由からそれはかなわず…それを正史『後漢書』に肉付けする形で描いていきたいと思っています。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

歴史小説家では宮城谷昌光さんや司馬遼太郎さんが好きです。


歴史上の人物のことを知るにはやっぱり物語がある方が覚えやすい。

上記のお二人の他にもいろんな作家さんや、大和和紀さんの「あさきゆめみし」に代表される漫画家さんにぼくもたくさんお世話になりました。
ぼくは特に古代中国史が好きなので題材はそこに求めることが多いですが、その恩返しの気持ちも込めて、自分もいろんな人に、あまり詳しく知られていない歴史上の人物について物語を通して伝えてゆきたい。
そんな風に思いながら書いています。

※この作品は史実を元にしたフィクションです。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

劉縯

橘誠治  bunshuk

執筆状況
完結
エピソード
11話
種類
一般小説
ジャンル
歴史
タグ
歴史, 中国史, 古代中国, 後漢, 新末後漢初, 光武帝, 短編, 文芸
総文字数
30,862文字
公開日
2023年03月21日 07:24
最終更新日
2024年02月10日 17:12
ファンレター数
0