ノーベル賞受賞者(仮)の恋

作者 有汐けい

[恋愛・ラブコメ]

2

2,590

0件のファンレター

2040年のノーベル生理学・医学賞を日本人が受賞したというニュースに日本中が沸いていた。
そんな中、受賞者の記者会見が行われる。
記者会見の終盤の言葉に出席した記者達が耳を疑った。

「もう一人、この賞に相応しい人間がいます」

この受賞者の発言がさらに日本中を騒がせる。
記者会見で明かされた「もう一人の受賞者」を紐解く物語。


【ノーベル賞受賞者(仮)の恋】
 2005年の2月、地元の病院で臨床検査技師として勤める上里 蒼太(うえざと そうた)はいつものように昼休みになったので中庭のベンチに座り、空を見上げていた。
 ふと、横からの視線に気づき、目線を送ると…そこには見知らぬ少女がいた。

「ねぇねぇ、お兄さん!なんでいつも空ばっか見てるんですか?」

高校生との出会いが、新社会人との出会いが、それぞれの運命を変えていく。
そして、彼には誰にも言わない秘密があった…。

※この物語は2005年の日本が主な舞台となります。
 当時、流行していた言葉やモノなどが特に説明もなく出てきます。
 現在の若い方からすると意味の分からないものが多々あるかと思いますが、当時の高校生や20代の雰囲気をそのまま感じていただきたいと考えているため、あえてそのようにしています。「あとがき」で主なものは少し説明できたらと考えています。何卒ご容赦ください。

最後までこの物語にお付き合いいただければ幸いです。

※この話はフィクションです。登場人物・団体・事件等は実際のものと関係がありません。

登場人物

僕の名前は「上里 蒼汰」(うえざと そうた)。

普段は病院で臨床検査技師をしている。

まぁ…自己紹介なんて、こんなんでいいよな…。


私の名前は「棚橋 楓」(たなはし かえで)。

地元の高校に通う高校2年生。

あっ…もう少しで3年になるけど…ははは…。

趣味は最近だと…カラオケかな?

う~…もう、こんな感じでいいよね?

僕の名前は「加藤 良樹」(かとう よしき)。

地元の高校に通ってる高2だ。

楓とは幼馴染で、家も近いな。

高校ではバスケ部に入ってる。

まぁ…そんなとこだ。

私の名前は「長屋 亜衣」(ながや あい)。

楓とは高校から一緒で、2年間同じクラスなんだ~。

3年でも一緒のクラスだったらいいな~。

趣味?…趣味は最近、お笑い流行ってるからお笑い番組見ることかな。

じゃあ、ばいばい~

俺は「結城 真」(ゆうき しん)。

地元の国立の医学部の5年だ。

蒼汰とは大学からの仲だな。

ん~…サークルはテニスだったな。もう忙しいから行ってねぇけど…。

まぁ、あんま根詰めて勉強しても仕方ないからたまに、蒼汰をいじりに行くことがあるかな…。

私の名前は「剣持 明日香」(けんもち あすか)。

上里君と一緒の病院で新人看護師と働いてるわ。

えっ⁉上里君との関係⁉…た、ただの同期ってだけ!それ以上の意味はないわ。

もう、仕事があるからこれで失礼するわ。

私は「野瀬 淳」(のせ じゅん)。

上里君が学生の時の卒研を担当していた。

まぁ…彼の印象は「真面目で大人しい」これだね。

私の専攻は病理学を専攻している。

ふむ、自己紹介をするなんて何年ぶりかな…。

僕は「上里 昇」(うえざと しょう)。

上里蒼汰の弟だ。

兄貴は今は大人しいけど、昔はかなり明るかったんだよね。

まぁ、僕は最近、兄貴とは会ってないけど…。

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

ノーベル賞受賞者(仮)の恋

有汐けい  rockriver0331

執筆状況
連載中
エピソード
8話
種類
一般小説
ジャンル
恋愛・ラブコメ
タグ
青春, 年の差, 医療, 恋愛, 感動
総文字数
20,368文字
公開日
2020年02月26日 10:09
最終更新日
2020年02月26日 10:17
ファンレター数
0