【短編】いいなり

[現代ドラマ・社会派]

2

218

0件のファンレター

【今日の昼は「すしだ!」朝からすしを食べると決めていた男のはなし】

口人格ってのがある。今日はカレーの口、ラーメンの口、ピザの口のように。何を食べたいかなんてのは、頭よりも「口」が決めてるんじゃないかってくらいに、理性が働かない。そんな今日のお昼の口は「すしの口」。寿司ではなく、鮨を食いに朝から準備して出かけた男。いつも前を通りかかるだけの、気になる鮨屋「とめ鮨」。意を決しての初「鮨屋」。寿司ではなく鮨。そこで出てきた驚きの「すし」とは?

いつも、誰かに何かを決められている、自分の意志なんてないんじゃないか、お昼ごはん何食べたい?なんてのも自分の意志すらないんじゃないかと、そんな「自分の意志」の危うさについて、考えた時に着想した短編です。

読んだあなたは、何の「口」になるでしょーか。

目次

完結 全1話

2024年04月16日 10:00 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

【短編】いいなり

西の海へさらり  salt_editor

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
短編小説, 寿司, ドラマ, 食べ物, メシ, 落語, ほっこり, おもしろい, 笑い, 人生
総文字数
4,602文字
公開日
2024年04月16日 09:58
最終更新日
2024年04月16日 10:00
ファンレター数
0