化けの皮

作者 柴田彼女

[現代ドラマ・社会派]

3

1,058

0件のファンレター

【たとえ不出来だったとしても、あるいはとてつもなく優れていたとしても、どのような理由があったとしても私はもう二度と私の見た目を他人に評価されたくはなかった。】
優れた容姿を持ち合わせる女性が、幼少期に祖母から醜いと言い続けられたため醜形恐怖に苦しめられ続けている、という話。

目次

完結 全1話

2021年04月28日 16:18 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

化けの皮

柴田彼女  shibatakanojo

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
【2000字家族】, 家族, 祖母, 醜形恐怖, ヒューマンドラマ, 現代ドラマ, 劣等感, 美人
総文字数
1,899文字
公開日
2021年04月28日 16:17
最終更新日
2021年04月28日 16:18
ファンレター数
0