バーベナ、散った日に

[ミステリー]

2

896

0件のファンレター

【あの人が見たバーベナは何色だったのか?】

春から秋まで咲き続けるバーベナ。桜の花びらのような可憐な姿。ケルト人はバーベナに呪術の力を見出していた。魔力の意味も持つこの花は、キリストが処刑されたゴルゴダの丘にも咲いたという。バーベナの花の色によって、その意味も変わってくる。白は祈り、赤は団結、ピンクは家族の愛、そして、紫は同情と後悔。犯人が見たバーベナは何色だったのか?

同じ部活の同級生から無視されはじめた花井隆太郎。イジメっ子の中心人物、拝島和也は一之瀬正治のこともイジメていた。ある日、体育の時間に花井の弁当が誰かに食べられていた。その様子を密かに撮影した一之瀬。お弁当を食べた犯人は拝島だった。

一之瀬は、被害者の花井・担任の谷垣にこの動画を送った。
その夜、この動画が編集加工されテロップ付きで、ネットに公開された。
拝島は朝方に、自宅アパートから飛び降りた。命に別状はなかったが、
その後拝島は行方不明に。

イジメられる側には原因はない。そこにあるのは、イジメる側の不条理な理屈。
ただ、この不条理な理屈にもし向き合えるだけのものがあるかもしれない。
筆者のイジメられ体験をもとに、イジメる側の何か、得体のしれないその動機
のようなものを見つめた物語。

※この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。

登場人物

花井隆太郎

バレーボール部・最近拝島・井草・手塚から無視されたり、小突かれるなどのイジメを受けている。

ひょうひょうとしているため、あまり精神的に自分を追い込まないタイプ。


拝島和也

花井隆太郎と同じバレーボール部・セッター。最近、花井をイジメている。同じクラスの一之瀬もイジメている。

井草・手塚のリーダー的存在。

瀬古真奈美

花井・拝島・一之瀬のクラスの担任。もともと担任の高城が産休に入ったため、新しく担任となった。

正義感が強い。

谷垣

中学二年生の教務主任。最近、二年生を受け持つ高城先生と結婚した。まもなく子どもが生まれる。

バレーボール部の顧問。事なかれ主義。

一之瀬正治

花井・拝島と同じクラスの中学二年生。拝島にイジメられている。気が弱いが負けん気は強い。

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

バーベナ、散った日に

西の海へさらり  salt_editor

執筆状況
完結
エピソード
5話
種類
一般小説
ジャンル
ミステリー
タグ
連載小説, バーベナ, ミステリー, イジメ, いじめ, 中学校, 学生, 家族, 義理, 先生
総文字数
14,654文字
公開日
2024年03月19日 17:18
最終更新日
2024年03月27日 19:28
ファンレター数
0