朝の七時からなにしてんの

作者 tkfmio_ikura

[現代ドラマ・社会派]

2

439

0件のファンレター

 毎朝あたしは猫アタックで目を覚ます。猫アタックとは、その名の通り猫のアタックだ。ベッドの隣の本棚から、あたしの顔へと落下してくる。

 猫は彼女が置いていった。結構ひどいやつである。彼女が出ていったのは結婚のためで、恋人であるはずのあたしはショックといえばショックだった。でもどこか予感していたところもあった。
 彼女の癖は 油性マジックの「太」を吸引すること。吸引にしか使われないので、角張ったペン先をまったく減らさないまま部屋にある。持ってけよ、猫と一緒に。
 あたしは猫餌と猫砂を買った際のダンボールをばらして、油性ペンの「太」で真っ黒にすることにした。頭はくわあん、ラリパッパ。

目次

完結 全1話

2023年03月08日 23:07 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

朝の七時からなにしてんの

tkfmio_ikura

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
【三題噺その六】, 百合, ガールズラブ, チョコレート, 猫, 目覚まし時計
総文字数
1,579文字
公開日
2023年03月08日 23:04
最終更新日
2023年03月08日 23:07
ファンレター数
0