航海神話

作者 海乃 眞

暗い宇宙のしじまを漂う「方舟」 
命を内包し、命を繋ぐことを使命とする「AI」
行く先の定まらぬ航海の果てに、幾つかの悲劇が産れ、命が産れ、消えて行く。
※思い付きで、ぶっぱしたものです。随分昔に、どっかの公募で落とされて、当時の編集さんにくそみそ貶されたものが下敷きになっております。
※カクヨム同時掲載

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

居住地を求めて! AIと主人公の関係性が前半と後半で印象が変わります!

ハルベルトさんとマーリンの関係性とか、描写が地球が滅んでいく描写、月の基地、居住地を求めて旅立つふね。ノアの方舟もからめて、素晴らしいと思いました!

返信(1)

5000文字ほど読んでの感想

【読んだ後に”当時、何故受けが悪かったか”予想】 何を予想しようか悩む。何を予想して良いのか悩んだ結果、気になる部分について。 たぶん、テーマが重すぎるのと残酷過ぎたからじゃないのかと思うのだが。先住民族に希望がなさすぎるから。ただ、土台だったもが全く違う可能性があるので、単なる予想だが。5000文字程度読んでの予想。 【印象に残った、感動、凄いと感じた部分】 人は、AIに何を望むのか。その原点がここにある。もっと簡単に言うならば、だから人はAIに求めたと言っても過言ではない ... 続きを見る

返信(0)

小説情報

航海神話

海乃 眞  uminoryuryu

執筆状況
完結
エピソード
11話
種類
一般小説
ジャンル
SF
タグ
SFオペラ, オムニバス, 種船, 人工知能, 異種遭遇
総文字数
25,449文字
公開日
2020年05月24日 22:58
最終更新日
2020年06月01日 15:57
ファンレター数
2