ルーサ戦記① アスランの子

作者 海乃 眞

[ファンタジー]

525

40,626

8件のファンレター

イルドゥシア大陸、ルーサ地帯を舞台に繰り広げられる戦いの記録。
北方の戦士、レオン・ブレイドは戦い敗れ、奴隷となり、ルーサ砂漠に流れ着いた。流れ着いた先で、レオンは一人の娘、アーシェラ・ホルスと出会う。
アスラン(西の獅子)の名を継ぐアーシェラ・アスラン・ホルス、彼女は西ルーサに散らばるロタン(風の民)を束ねる若き長である。
鉄交易を巡り、大国シエラと相対するアーシェラ、アーシェラとの出会いが、レオンを再び、戦いの渦中へと誘う。

目次

完結 全83話

2020年12月11日 14:33 更新

  1. 第一章 出逢い

  2. 第1話  2020年10月25日
  3. 第2話  2020年10月25日
  4. 第二章 ホルスの里

  5. 第3話2020年10月30日
  6. 第4話 2020年10月25日
  7. 第三章 交易

  8. 第5話 2020年10月25日
  9. 第6話 2020年10月25日
  10. 第四章 泉にて

  11. 第7話 2020年10月25日
  12. 第8話 2020年10月25日
  13. 第9話 2020年10月26日
  14. 第五章 氏族会招集

  15. 第10話 2020年10月26日
  16. 第11話 2020年10月26日
  17. 第12話2020年10月26日
  18. 第六章 それぞれの傷

  19. 第13話 2020年10月26日
  20. 第14話 2020年10月26日
  21. 第15話 2020年10月26日
  22. 第七章 反乱

  23. 第16話 2020年10月27日
  24. 第17話 2020年10月27日
  25. 第18話 2020年10月27日
  26. 第八章 制圧そして急転

  27. 第19話 2020年10月27日
  28. 第20話 2020年10月27日
  29. 第九章 境の攻防

  30. 第21話 2020年10月27日
  31. 第22話 2020年10月27日
  32. 第23話 2020年10月27日
  33. 第十章 凱旋

  34. 第24話 2020年10月28日
  35. 第25話 2020年10月28日
  36. 第26話 2020年10月31日
  37. 第十一章 婚礼

  38. 第27話 2020年11月30日
  39. 第28話 2020年11月30日
  40. 第29話 2020年11月30日
  41. 第十二章 父と兄

  42. 第30話 2020年10月28日
  43. 第31話 2020年10月28日
  44. 第32話 2020年10月28日
  45. 第十三章 東の獅子 ディラン・シンハ・ホルト

  46. 第33話 2020年10月29日
  47. 第34話 2020年10月29日
  48. 第35話2020年11月01日
  49. 第十四章 砂嵐《ハムシーン》

  50. 第36話 2020年10月30日
  51. 第37話 2020年10月30日
  52. 第38話 2020年10月30日
  53. 第十五章 帰還

  54. 第39話 2020年10月30日
  55. 第40話 2020年10月30日
  56. 第41話2020年10月30日
  57. 第十六章 東と西 二人の獅子

  58. 第42話 2020年10月30日
  59. 第43話 2020年10月30日
  60. 第44話 2020年10月30日
  61. 第十七章 明日の為に

  62. 第45話 2020年10月30日
  63. 第46話 2020年10月30日
  64. 第47話 2020年10月30日
  65. 第十八章 リヤーフ・アル・フィーヌス(星と風に)

  66. 第48話 2020年10月30日
  67. 第49話 2020年10月30日
  68. 第50話 2020年10月30日
  69. 第十九章 北の獅子《レオ・セプティントリオーネス》

  70. 第51話 2020年10月30日
  71. 第52話 2020年10月30日
  72. 第53話 2020年10月30日
  73. 第二十話 第一の矢

  74. 第54話 2020年10月30日
  75. 第55話 2020年10月30日
  76. 第二十一章 風の民(ロタン)の乱

  77. 第56話  2020年11月01日
  78. 第57話 2020年11月01日
  79. 第58話 2020年11月01日
  80. 第59話 2020年11月01日
  81. 第二十二章 老将並び立つ

  82. 第60話 2020年12月11日
  83. 第61話 2020年11月01日
  84. 第62話 2020年11月01日
  85. 第二十四章 命の源流 ハシム河

  86. 第63話 2020年11月01日
  87. 第64話 2020年11月01日
  88. 第65話2020年11月01日
  89. 第二十五章 降臨祭 星の武闘

  90. 第66話 2020年11月01日
  91. 第67話 2020年11月01日
  92. 第68話2020年11月01日
  93. 第二十六章 それぞれの思惑

  94. 第69話 2020年11月01日
  95. 第70話2020年11月01日
  96. 第二十七章 武人の矜持

  97. 第70話 2020年11月01日
  98. 第71話 2020年11月01日
  99. 第72話 2020年11月01日
  100. 第二十八章 シェリハの血筋

  101. 第73話 2020年11月02日
  102. 第74話 2020年11月02日
  103. 第75話 2020年11月02日
  104. 第二十九章 闘犬モロッサス

  105. 第76話 2020年11月02日
  106. 第77話 2020年11月02日
  107. 第78話 2020年11月02日
  108. 第三十章 東と西 ロタンの王

  109. 第79話 2020年11月03日
  110. 第80話 2020年11月03日
  111. 第81話 2020年11月03日
  112. 第82話 2020年11月03日

登場人物

レオン・ブレイド 奴隷として海を渡り、ルーサ砂漠でアーシェラに拾われ、命を救われる。
黄色い髪に蒼い目の遥か北の出身の異国の青年。礼儀正しく、人当たりも良い好青年という印象だが、段々、本性が露見します。

アーシェラ・アスラン・ホルス
不慮の死を遂げた父アズイールの後を継ぎ、ホルスの長と成った17歳の少女。常に白い戦衣に身を包み、長い黒髪をターバンで隠しているため、傍目には少年にしか見えない。砂漠の商隊を襲撃したおりに、レオンと出会い、ホルスの里に連れ帰る。実は下戸、超のつく甘党と言う設定


ファンレター

変わった企画でレビューを書かせていただきました。

タイトル、あらすじ、書き出し一行のみでレビュー(転載) 書き出し一行はこちら ** 太陽を背に広大な砂漠が広がる。見渡す限り、砂しか見えない。 (引用) ** まず、タイトルから二つの意味が受け取れる。それは”アスランの子”の部分。主人公は”アスランの子供”の可能性と”アスラン地方で産まれた子”という意味合いである。タイトルだけでは判別し辛いことから、どちらなのか”知りたい欲求”というのが読み手に産まれる。 もう一つ、読み手を惹きつけるのは①の部分。これは、物語に続があるという ... 続きを見る

返信(0)

続きも読ませて頂きます。

文章力という土台のしっかりした魅力ある物語と感じた。 メイン二人も魅力的に映り、今後どのように展開していくか楽しみになる、しっかりとした一頁目でした。 どうでもいいことではあるが、日本の本に慣れてしまっているせいか、「の一字下げが少し気になる。

返信(1)

読み出したら止まりません! かっぱえびせんより止まりません!

物語は紹介文の通り、架空の大陸イルドゥシアのルーサ砂漠を舞台に、国を持たぬ砂漠の民ロタンによる建国譚を描く架空戦記(たぶんそうなるはず)。 何が良いって、まず登場人物がイイ! 冒頭のアーシェラとレオンの出会いのシーンなんて、本当に素敵です。あっという間に主人公二人に魅了されてしまいます。 そして活き活きとした描写、スピーディーで躍動感あるストーリー、架空の世界とは思えぬほど緻密な設定の歴史、神話、風習、風俗・・・あれやこれや。 作者が元々エピック・ファンタジーがお好きということで、はっき ... 続きを見る

返信(0)

雄壮、骨太な戦記

 好きすぎて、どうやってファンレターを書こうか迷ううちに日が経ってしまいました。読み始めると、熱い筆致ですぐさま中東を思わせる砂漠世界に連れて行かれ、問答無用の展開に翻弄されます。登場人物は抜け目なく、情け容赦ない。気を抜くと寝首をかかれる厳しい社会の中にあって、いやこの社会だからこそか、彼らの根底にある優しさや深い愛情のつながりを感じました。作者のこだわりがそのまま作品の厚みとなって脳内に砂塵吹きすさぶ世界を映してくれます、いや重厚な物語読み応えありました。(最後はたどり着いた目的地が蜃気楼だ ... 続きを見る

返信(0)

さつきはら様ありがとうございます

おっしゃる通り、こいつら脱ぎすぎです(笑)

返信(0)

ここで、終わり、ですと⁉

 重厚な物語を読ませていただきました。  気候、風土、文化、動植物に至るまで綿密に練り込まれた世界で、それぞれがそれぞれの背景を背負って入り乱れる人間模様が面白かったです。時間を追うごとに徐々に変化する政情・戦局にわくわくしっぱなし。すんごい中途半端なところで①が終わってしまうという話の切り方が、これまた憎らしい!(誉め言葉)  何を考えているんだか今ひとつ腹の中が見えない野心家のディランにしても、それに付き従っているタグサ、ラスティナ父娘にも何やらディランとはまた異なる思惑をもっていそうに ... 続きを見る

返信(0)

硬派端正

おすすめしないでいられようか。 まだ第5話までしか読んでいないんですけど(遅読ですみません)、大丈夫、この作品は面白いです。 Twitterを見ていると、どうもすごい多読らしい海乃さん。なるほどこれは沢山本読んでないと書けないわというがっちりした世界観です。でもそれが決して難しくないんですよね。それってすごいことで、頭の中であの世界がしっかりと構築されていないと、あそこまで整理して開示できないよなと思うんです。あと、その世界観が魅力的なんです。別に魔法に頼らなくったって最高に(知的に)面 ... 続きを見る

返信(0)

砂塵と鉄と血が匂う、乾いた硬質な世界観

異世界ファンタジーです。 ですが戦記物の体裁を取った本作は、巷間溢れる異世界ファンタジーとは、一味も二味も違います。 魔法は出てきません。魔王も勇者も不在です。 ですが現実世界の史実とシビアさを敷衍した、硬質で構築された精緻な世界観。 砂塵と鉄と血の匂いが付きまとう、乾いた空気。 ややもすれば残酷で暴力的な世界、とも取れるかも知れません。 ですが反面、このアスランの世界の人々が生きる懸命さが、真実味を帯びて読む人に迫ってくるでしょう。 よくあるファンタジーものに飽きてきた方、ファン ... 続きを見る

返信(0)

小説情報

ルーサ戦記① アスランの子

海乃 眞  uminoryuryu

執筆状況
完結
エピソード
83話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
エピックファンタジー, シリアス, ルーサ戦記シリーズ, ファンタジー
総文字数
372,255文字
公開日
2020年04月13日 20:34
最終更新日
2020年12月11日 14:33
ファンレター数
8