警鐘を打ち鳴らせ

作者 有未

[ファンタジー]

3

302

0件のファンレター

気が付けば広がる世界。
そこは現か幻か。
一つの売り場に、一人の売り子。
菓子商店は何を意味するのか。
一人の命に、一つの命が寄り添う。
誰も知らない、誰も知り得る町で、
今日も約束の鐘が鳴る。


気が付いたら辿り着いていた場所。ほとんどのことが分からないまま、時間が過ぎて行く。出会った存在たちと交流して行く内に、その町の真実が見えて来る。

町の中心にある大きな菓子商店で、男は自らの記憶を語り始める。それを促す者、制止する者。多くの存在たちの思惑が交錯する中、男は自らが強く求めるものに向かって歩いて行く。それを助ける者、妨げる者。

男の傍には、いつも一つの命が寄り添っていた。その生き物は多くは語らず、しかし確かに男を助ける。男と同様、名を持たないその命は灰色と呼ばれていた。

やがて男は灰色の知人である、朽葉の経営する貸し本屋で働き始める。そこを訪れた菓子商店の売り子であった春野華は、この町の真実を語ろうとするが叶わないまま姿を消してしまう。

帰りたい場所があるはずだと気が付いた男は、自分の意思を、周囲の言葉を信じて、手探りの中、不可思議な現象に立ち向かう。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

警鐘を打ち鳴らせ

有未  umizou

執筆状況
連載中
エピソード
11話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
小説, 長編, 長編小説, 異世界, 異世界ファンタジー
総文字数
17,065文字
公開日
2024年06月21日 01:18
最終更新日
2024年07月13日 20:26
ファンレター数
0