機械少女ソフィアと神の歯車

舞台は機械しか居ない星。そこで生きる機械人の少女ソフィアは遺跡の奥深くにあったカプセルから古代の遺物カネヤを発掘した。青い髪と橙の瞳を持つ彼には油ではなく血が通い、世を支配する機械人とは違う思考回路を持っていた。機械人たちと交流を深めていくうち、手に入れられれば世界を支配できるという神の歯車『ギア・ハート』を集めるという己の使命を思い出していくカネヤ。カネヤを手に入れようとする帝国。機械の少女と人間の青年が『人間とは何か』を知る旅の果てに、二人は悲哀と愛憎の創星神話に辿り着く。親しみやすいSFを求めている方にぜひオススメ! 少女と青年のデコボココンビが紡ぐ、胸躍る冒険譚を読んでみませんか? ※不定期更新 ※ノベルアッププラスでも連載中 ※10万字前後完結予定 ※表紙画像は読者さまからファンアートとして頂きました。

登場人物

カネヤ【主人公①】

古代遺跡のカプセルの中で眠っていた青年。記憶と感情を失っており、普通とは違うようだが……。

ソフィア【主人公②】

古代遺跡から出土した遺物を売って生計を立てる少女。ある日カネヤを発掘するも処分に困り、彼と一緒に生活することとなる。明るく元気で、少々おせっかいな性格。

ロバート

ソフィアに恋をする青年。カネヤをライバル視している。

ファンレター

機械人と生身の人間

目が覚めたら、いきなり知らない場所で周りは人間そっくりな機械。カネヤ君大変です。ソフィアが結構向こう見ずな勝気娘で対比が良い。さらっと口説くカネヤをさらっと交わすソフィア。なのに、ソフィアにダルがらみされると狼狽えるカネヤ君です。 自動車やハイティーン向けに文体も単語選択も、難解のものは避けておられる。なのに、世界観に疑問符を与えない。カネヤとソフィアの体の違い、生活習慣の違いなど、細部にまでこだわった描写があるのに、諄くならない。 SFアドベンチャー好きなら、おすすめです。恋愛要素もありま ... 続きを見る

小説情報

機械少女ソフィアと神の歯車

にしきた なつき  nnhiyoko

執筆状況
連載中
エピソード
22話
種類
一般小説
ジャンル
SF
タグ
SF, スチームパンク, ロボット, ポストアポカリプス, 人外, 西洋風, シリアス, セカイ系, ライトノベル, 縦組推奨
総文字数
74,400文字
公開日
2020年05月11日 23:05
最終更新日
2020年08月10日 22:12
ファンレター数
1