ウォーリーを見つけたときの話

作者 みょめも

[ファンタジー]

3

379

1件のファンレター

ウォーリーを見つけたのはそんなある日の午後だった。
何気なく近所を散歩していたときに、路地裏に気配を感じたので視線をやると、あの見慣れた赤と白の縞模様の男の人が立っていた。

目次

完結 全1話

2024年01月23日 07:29 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

自分がウォーリーになるとは・・・

拝読させて頂きました。ウォーリーを見つければ見つけるほどウォーリーへ自分になっていく。そして最後にはウォーリーになる。これまで幾つものウォーリーが引き続いていったのかなと思いました。みょめもさんありがとうございました。

返信(1)

小説情報

ウォーリーを見つけたときの話

みょめも  myomemo

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
短編, ショートショート, 世にも奇妙な物語, 掌編, ファンタジー, エッセイ, 人類には早すぎる小説
総文字数
1,845文字
公開日
2024年01月23日 07:28
最終更新日
2024年01月23日 07:29
ファンレター数
1