一般小説作品詳細

きのこガール

2|現代ドラマ・社会派|完結|1話|1,798文字

#ショートショート , #短編小説 , #物語 , #架空, #ちょっとシュール , #ちょっと不思議 , #大人のファンタジー

158 views

きのこガールは戦闘の真っ只中にいた。彼女は戦争に欠かせない秘密兵器だ。ある日、彼女は敵国の負傷兵にキスをした。一目惚れだ。彼女は戦争を愛す。しかし、自分の恋愛を最優先する。彼はもう間も無く死のうとしている。彼女は彼女なりの決着をつける。

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

きのこガール

マツダシバコ  shibaco_3

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
#ショートショート , #短編小説 , #物語 , #架空, #ちょっとシュール , #ちょっと不思議 , #大人のファンタジー
総文字数
1,798文字
公開日
2019年07月07日 17:29
最終更新日
2019年07月07日 17:29
応援コメント数
0

応援コメント一覧

応援コメントはありません

作者プロフ

マツダシバコ  shibaco_3

この作者の他の作品

小説

2|現代ドラマ・社会派|完結|1話|6,466文字

2019年08月14日 13:46 更新

短編, 物語, 架空, 大人のファンタジー, サクッと読める, 切ない, 友情, 孤独

アキと話をしたのは、お店の女の子が死んでしまったからだった。私たちはとてもよく似ていた。私たちは急速に仲良くなった。そして花火のように、あっという間に楽しい時間は終わった。都会の中で小枝にしがみついて生きる、孤独な女の子たち...

小説

2|現代ドラマ・社会派|完結|1話|1,877文字

2019年08月12日 14:06 更新

超短編, 短編, 物語, 架空, ちょっとシュール, ちょっと不思議, 大人のファンタジー, サクッと読める, 犬, 友情

その犬は鳴かなかった。声を失っているのではない。ただ鳴く機会を伺っているのだ。母親の虐待がもとで、恐怖のために声を失ってしまった赤ん坊。彼らはいつも寄り添うようにぴったりと体をくっ付けて眠る。声を出さなくても、彼らはいつも心...

小説

2|現代ドラマ・社会派|完結|1話|2,540文字

2019年08月10日 20:34 更新

超短編, 物語, 架空, ちょっとシュール, ちょっと不思議, 大人のファンタジー, サクッと読める, 犬

僕の行く手はいつも雲の中のようにぼんやりとしている。頼りにしている道しるべの「線」は、途中で途切れてしまう。あっちに行ったり、こっちに行ったり、しているうちに、気づくとみんなは怒っている。中途半端に放り投げたものの数々。その...

小説

3|現代ドラマ・社会派|完結|1話|4,329文字

2019年08月04日 15:41 更新

短編, 完結, 物語 , 架空, ちょっとシュール , ちょっと不思議 , 大人のファンタジー, サクッと読める, 悲しい話

彼には盗癖があったが、運命的に出会った彼女との平凡な幸せを夢見て、まじめに暮らそうと努力する。ある日、彼女は祖母の形見だというペンダントを彼にみせる。涙型をしたそれは不思議な色に輝き、見るものを魅了する。彼は彼女の宝物を絶対...

小説

6|現代ドラマ・社会派|完結|1話|2,565文字

2019年07月14日 12:25 更新

#架空, #超短編, #物語 , #家族, #ちょっとシュール , #ちょっと不思議 , #サクッと読める, #大人のファンタジー

僕はドーナッツが大好きだ。僕は家族から追いやられ施設に入れられる。でも、家族はつながっている。ドーナッツのように。ドーナッツの上を歩いていれば、いつかは元に戻ることができる。

小説

6|現代ドラマ・社会派|完結|1話|5,030文字

2019年07月14日 12:22 更新

#架空, #物語, #夫婦, #切ない, #超短編, #サクッと読める, #大人のファンタジー

湖のほとりにはスケーターズ・ワルツが流れていた。この町ではスケートがうまくすべれるかで人生が左右する。ベンは町の名士の娘ジルと結婚した。気づけば年をとっていた。ベンは二人の思い出を取り戻すために湖にでかけた。

小説

5|現代ドラマ・社会派|完結|1話|3,155文字

2019年07月12日 11:43 更新

#ショートショート , #短編小説 , #物語 , #架空, #大人のファンタジー, #ちょっと不思議 , #少年, #うさぎ, #切ない, #サクッと読める

森の子供たちはまず、うさぎの狩りから教わる。うさぎ、キツネ、鹿、イノシシ。そして、最後はクマだ。森の子供たちはそうやって大人になっていく。ギーはうさぎの狩りができなかった。うさぎと友だちになりたいのだった。けれど、森の掟はそ...

小説

2|現代ドラマ・社会派|完結|1話|4,730文字

2019年07月07日 17:38 更新

#ショートショート , #短編小説 , #物語 , #架空, #ちょっとシュール , #ちょっと不思議 , #大人のファンタジー

子供の頃、6本指の男の子がいて、私はその子に憧れていた。何か自分だけの特別なもの。私だけの大切なもの。私はずっとそれが欲しかった。ある日、健康診断で見つかった小さな肝のう胞。それは私を幸せにしてくれた。

小説

5|現代ドラマ・社会派|完結|1話|7,999文字

2019年07月07日 17:35 更新

#ショートショート , #短編小説 , #物語 , イスケ, #ちょっとシュール , #ちょっと不思議 , #大人のファンタジー

きりんは僕の通う店にいた。「首が長いからきりん。そう覚えてね」彼女は言った。彼女の願いは叶えられた。けれど、願いが叶い過ぎた彼女は不安を抱えている。彼女は心配のあまり深刻な不眠症だった。僕は間もなく死を迎えようとしている。築...

小説

2|現代ドラマ・社会派|完結|1話|5,774文字

2019年07月07日 17:31 更新

#ショートショート , #短編小説 , #物語 , イスケ, #ちょっとシュール , #ちょっと不思議 , #ちょっとSF, #大人のファンタジー

芝生の広場には一定の間隔ごとにカプセルが並んでいた。[39]番。それが彼にあてがわれたカプセルだった。カプセルの中で彼は様々なバーチャル世界を体験する。そしてそこにはいつも彼女の視線があった。突き刺すような恐ろしい視線だ。や...

TOP