太陽に生えている木

作者 gertopangaea

[その他]

6

387

0件のファンレター

十六歳を迎えるほんの僅か前に父が他界した。
死後暫くしてから彼は十三歳から付き合っていた女性と体を交わう。
十六歳という性的にも精神的にも大きな変化が起こる年齢で彼は、自身の起こした行為の責任とその可能性を見つめることで自身をこれまで照らし続けてきた『光』の正体に気付く。

人が成長し、己の目を内側から外側に向けることで次は自身が人を成長させなければならないと悟るその時の訪れこそが人間が真に子供から大人に成長した時なのではなかろうか?

目次

完結 全1話

2024年03月15日 06:50 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

太陽に生えている木

gertopangaea

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
その他
タグ
【課題文学賞その十】, 思春期, 成長, 性的描写の隠喩, 死, 大人の責任
総文字数
1,998文字
公開日
2024年03月15日 06:12
最終更新日
2024年03月15日 06:50
ファンレター数
0