ロード・トゥ・エリュシオン ~ ホラー小説でマーラー入門

作者 朽木桜斎

[ホラー]

6

493

0件のファンレター

この世で一番おそろしい拷問をごぞんじだろうか?

それはクラシック音楽になどまったく興味のない人間が、グスタフ・マーラーの交響曲を番号順にすべて、休むことも許されずに聴かされつづけるという行為だ。

俺・国松公平(くにまつ こうへい)はいままさに、幼なじみの速水千夏(はやみ ちなつ)からそれを受けている。

この地獄から、いったいいつ抜け出せるというのか?

それはつまり、マーラーが言うところのエリュシオン、すなわち天国へといたったときなのだ――

ほかのサイトにも投稿しています。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

ロード・トゥ・エリュシオン ~ ホラー小説でマーラー入門

朽木桜斎  ohsaikuchiki2019

執筆状況
連載中
エピソード
2話
種類
一般小説
ジャンル
ホラー
タグ
音楽, クラシック, マーラー, 交響曲, ホラー, 怪談, 高校, 高校生, 文芸, ライトノベル
総文字数
1,683文字
公開日
2021年12月06日 21:28
最終更新日
2021年12月07日 22:00
ファンレター数
0