世を厭う舞姫

作者 lee.

[その他]

2

1,077

-

現代の舞姫が、現れた。
彼女は、浮世離れしたダンサー。

僕は、
何も持っていない。
それでも死だけは、傍にある。
死だけが……彼女と分かち合える一つの方法だった。

カメラマンの
"K"は僕たちを、被写体にする。
「美しいものを撮りたい」
そんな理由で。

登場人物

僕 舞姫と出会う人間。

やがて 添い遂げる未来を 

進み始める。


舞姫 現代的なダンサー。

SNSで ダンスを公開していた。

彼女は、いつか言う。

「憐れみの影の中に 僕だけがいた」と。


K カメラマン。

被写体のダンサーを撮り続ける。

舞姫の虜の一人。

次第に、狂気的な美しさに取り憑かれる。

ファンレター

ファンレターを受付ない設定になっています。

小説情報

世を厭う舞姫

lee.  calamint

執筆状況
完結
エピソード
10話
種類
一般小説
ジャンル
その他
タグ
ダンス, 踊り, 舞姫, ネット, 心中, 暗い
総文字数
18,918文字
公開日
2023年01月18日 21:20
最終更新日
2023年02月02日 12:46
ファンレター数
-