とどけ、熱量。まっしろで、すすめ。

作者 rose__

[学園・青春]

4

525

0件のファンレター

『 初めて、誰かのために本気になりたいと思えたんだ 』



無口で無愛想で少し生意気。

毒ばっか吐いてきてつれない奴だけど

たまに可愛いところもあって。



そんで、自分の気持ちを真正面からぶつけてくれる。


こんな俺を精一杯応援してくれる。



『 でも、本当はあいつが1番傷ついてる── 』



不器用なお前だから、守りたいって思ったんだよ








周りの目が大嫌いだった。

父親譲りのクリクリの目、母親譲りの明るい茶髪

おまけにそのどちらもから見放された可哀想な私


大嫌い、みんな。


『 俺がその景色、変えてやるよ。
見たこともない場所へ連れてってやる 』




響く歓声、眩しい汗

溢れんばかりの儚い時間が刻一刻と目の前を過ぎてゆく。

背番号 1番


これまでの全てを背負った君がぜんぶを懸けて投げる


苦しんだあの日の私たちへ、涙を零したあの日の私たちへ、伝えたい



まっしろで、すすめ。



Image Song ↓
青を掬う/あたらよ


目次

連載中 全2話

2023年11月25日 17:30 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

とどけ、熱量。まっしろで、すすめ。

rose__

執筆状況
連載中
エピソード
2話
種類
一般小説
ジャンル
学園・青春
タグ
高校生, 夏, 甲子園, 恋愛
総文字数
910文字
公開日
2023年11月25日 14:47
最終更新日
2023年11月25日 17:30
ファンレター数
0