セリフ詳細

はじめまして。絢谷りつこと申します。
BLで何冊か本を出していただいております。
現在は別ジャンルにチャレンジすべく励んでいるところです。

皆さまの質問やご意見、興味深く拝見しておりました。
なかなか書き込めませんでしたが、自作の紹介だけでもという至道先生のお言葉に甘えてご挨拶に伺いました。

リデビュー小説賞には『変身なんてしたくない』という変身ヒーローもので参加させていただいております。

賞への応募作ではありませんが『ハーブガーデンはいつも雨上がり』を公開しております。


ひとつ質問というか雑談的な感じですが、少しだけ。

皆さまはどの程度、読者層を意識されていらっしゃるのでしょうか。
各レーベルで読者層のリサーチなどをなさっているかと思いますが、差し支えなければ教えていただけるとうれしいです。

わたしの場合は、自分と似た嗜好の方が必ずいるはずだという無謀かつ無根拠な信念で書いているのが現状です。

しかし、どこへ向けて書いているのかと不安になることが度々あります。
自分の書いているものは好きだし、価値があると信じている。だけど、一体それはどこに届くのか、どこに届けるべきなのかと考えてしまいます。

好きなものを書いているとはいえ、届けることが目的ですので、やはり読者像というのは意識しておきたいところです。
ご意見をいただければ幸いです。

作品タイトル:NOVEL DAYS リデビュー小説賞 座談会(第二部閉幕!)

エピソード名:リデビュー小説賞 座談会 #4

作者名:講談社タイガ公式  kodansha_taiga

228|創作論・評論|完結|9話|126,227文字

【リデビュー小説賞】, 講談社タイガ, 講談社ラノベ文庫, 講談社ノベルス

191,105 views

「NOVEL DAYSリデビュー小説賞 座談会」

現在第二部も終了いたしました。

========================
■参加者
司会:作家 至道流星

講談社ラノベ文庫 編集長
講談社タイガ 編集長

リデビュー賞応募者のプロ作家の皆様

■開催概要
講談社が主催する「NOVEL DAYS リデビュー小説賞」についての座談会を開催いたします!
この賞を開催するにいたったの経緯や、現在の出版市況、小説に対する思いなどを、縦横無尽に熱く語っていただきます。

「リデビュー小説賞」の応募資格をお持ちのプロ作家の方々からのコメント、ご意見、ご質問なども大歓迎です。

*応募者や応募検討中の方へのご質問などにもお答えいたしますので、今回の座談会への参加者(書き込める方)は「リデビュー小説賞」への応募資格のあるプロ作家の方に限らせていただく形にて開催してみます。

座談会は、2018年10月18日(木)の16時頃~1週間後の25日16時頃までを予定しております。

リデビュー小説の開催概要はこちらをご覧ください。
https://novel.daysneo.com/award/kodansha001.html

*こちらの座談会は開催当時の紹介です