セリフ詳細

レーベルのカラーという話題を拝見していて、ハヤカワ文庫が「次世代型作家のリアル・フィクション」と銘打って、冲方丁さんや小川一水さんなどの作品を推していた時期があったのを思い出していました。

そういうラベリングは賛否ありましょうが、読者としてはやはり印象的でしたし、この括りで出た作品なら、初めての作家でも自分の好みに合う可能性が高いだろうという安心感がありました。


もちろん、素晴らしい小説がまずあって、それを基点に何かムーブメントが起こるものですけれど、ムーブメントは意識して起こすものでもあるのかな……


「個人的には、今の時代に、こんなムードの小説を世に問いたい」というような指向(嗜好?)を、ざっくばらんに聞かせていただけたら私も嬉しいです。ジャンルを問わず広く門戸を開いているご立場では、個人の感想とはいえ、口にしにくいかもしれませんが……

作品タイトル:NOVEL DAYS リデビュー小説賞 座談会(第二部閉幕!)

エピソード名:リデビュー小説賞 座談会 #4

作者名:講談社タイガ公式  kodansha_taiga

228|創作論・評論|完結|9話|126,227文字

【リデビュー小説賞】, 講談社タイガ, 講談社ラノベ文庫, 講談社ノベルス

191,069 views

「NOVEL DAYSリデビュー小説賞 座談会」

現在第二部も終了いたしました。

========================
■参加者
司会:作家 至道流星

講談社ラノベ文庫 編集長
講談社タイガ 編集長

リデビュー賞応募者のプロ作家の皆様

■開催概要
講談社が主催する「NOVEL DAYS リデビュー小説賞」についての座談会を開催いたします!
この賞を開催するにいたったの経緯や、現在の出版市況、小説に対する思いなどを、縦横無尽に熱く語っていただきます。

「リデビュー小説賞」の応募資格をお持ちのプロ作家の方々からのコメント、ご意見、ご質問なども大歓迎です。

*応募者や応募検討中の方へのご質問などにもお答えいたしますので、今回の座談会への参加者(書き込める方)は「リデビュー小説賞」への応募資格のあるプロ作家の方に限らせていただく形にて開催してみます。

座談会は、2018年10月18日(木)の16時頃~1週間後の25日16時頃までを予定しております。

リデビュー小説の開催概要はこちらをご覧ください。
https://novel.daysneo.com/award/kodansha001.html

*こちらの座談会は開催当時の紹介です