一般小説作品詳細

どちらかと言えば、それはスターチスの花で。

5|恋愛・ラブコメ|完結|2話|3,281文字

恋愛, ショートショート, 男性主人公, 短編

520 views

――恋のできない、すべての人に。

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

どちらかと言えば、それはスターチスの花で。

アンポンタン・ポカン  00_1_00

執筆状況
完結
エピソード
2話
種類
一般小説
ジャンル
恋愛・ラブコメ
タグ
恋愛, ショートショート, 男性主人公, 短編
総文字数
3,281文字
公開日
2019年01月09日 05:51
最終更新日
2019年01月09日 20:00
応援コメント数
0

応援コメント一覧

応援コメントはありません

作者プロフ

アンポンタン・ポカン  00_1_00

 ――「あなた」は、面食らった。
 作者のプロフィールページに飛んだはずであるのに、何故かそこには、小説が掲載されていたからである。
「こんにちは、いらっしゃいませ」
 あなたにそう語りかけたのは、いわゆるバーテン服に身を包んだ、ブロンドの髪の女性。
 気が付けばあなたの周囲はクラシカルな雰囲気のBARに変わっており、店内では小気味よいジャズが流れている。
「ご注文は何にしますか?」
 ブロンドの女性――恐らくこの店の店員なのだろう――は、あなたにメニューを差し出す。
 そこに書かれていたものは――。

《Menu》
甘く、乾いたドライフルーツをあしらった恋愛小説。
→『どちらかと言えば、それはスターチスの花で。』

仮想世界の脱出ゲーム。炭酸強めの刺激的な一作。
→『我輩は新しいテキストドキュメント(2)である。』

吸血鬼探偵は少女に出会う。トマト風味の濃厚ダークファンタジー。
→『アラサー吸血鬼は厨二病!?―吸血鬼は蠢く死餓鬼と踊る。』

「まだ、オープンしたばかりなので。メニューが少なくてすみません。お客様が次にご来店される頃までには、新しいものを用意しておきますね」
 店員はそう言うと、花が咲くように柔らかな笑みをあなたに向けた。
「またのお越しを、お待ちしています」

この作者の他の作品

小説

5|恋愛・ラブコメ|完結|2話|3,281文字

2019年01月09日 20:00 更新

恋愛, ショートショート, 男性主人公, 短編

――恋のできない、すべての人に。

小説

2|ファンタジー|完結|4話|8,566文字

2019年01月09日 20:00 更新

仮想世界, フリーゲーム, 短編

------------------------------------------------------------------ 『Read me』...

TOP