にゃむらい菊千代

作者 深水千世

[ファンタジー]

2

21,427

0件のファンレター

「罪という罪は在らじと、祓え給い清め給う」

そば屋の猫『菊千代』は、侍を目指す不思議な猫。
先住猫の『ロッキー』『マリア』とともにお守りするのは、なんと赤ちゃん。
昼間は丸く寝ていても、『物憑きの霊』が忍び寄る夜更けは大立ち回り。
破邪の刀を手に、いざ参らん。

猫が主人公の、のほほんファンタジー。

【参考文献】
監修・三橋健『わたしの家の宗教シリーズ 目からウロコの日本の神々と神道』学研
今泉忠明著『最新 ネコの心理』ナツメ社

讃岐弁監修/じゃみこ
表紙絵/无域屋(むのくにや)

登場人物

【菊千代】

ひょんなことからそば屋『たきのや』にやってきた猫。弁財天の加護を得て、その力で飼い主の赤ん坊を守っている。夢は立派なサムライになること。水道の蛇口から水を飲むことと、窓辺で寝るのが好き。

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

にゃむらい菊千代

深水千世  fukamichise

執筆状況
完結
エピソード
38話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
猫, 現代ファンタジー, ファンタジー, そば, つくもがみ, 精霊, アクション, のほほん, ヒューマンドラマ, 恋愛
総文字数
126,932文字
公開日
2018年09月11日 22:00
最終更新日
2018年09月13日 11:55
ファンレター数
0