あなたの言葉を知りたくて

作者 甘抹らあ

[学園・青春]

69

4,122

2件のファンレター

第3次世界大戦の終結から9年。
白石沙耶、樫原瑞希、間野春樹の3人は美術部で活動していた。
高2の秋、文化祭に向けて沙耶は、瑞希とともに「戦争」をテーマとした合作を試みる。
しかし瑞希は、「普通」になれない自己との葛藤を抱えており、明るく強気な沙耶に対して、複雑な感情を抱いていた。
合作の準備を進める中で、すれ違う2人。
もう一人の美術部員、間野春樹は、そんな2人を見ながら、自分にできることがないかを考える。
三者三様の想いを乗り越えて、描き出されたものは――?

※イラスト自作です。ぜひ人物紹介もご覧ください!

目次

完結 全31話

2020年05月31日 23:58 更新

登場人物

白石沙耶(しらいし さや)


美術部員。父を戦争で亡くした。父の部下・圭斗(けいと)にとても懐いている。

こうと決めたら一気に突っ走れるタイプ。物怖じしない。素直。

〆切などは原則守るが、ギリギリになることが多い。

樫原瑞希(かしはら みずき)


美術部員。天才的に絵が上手。嘘がつけない性格で、思ったことは素直に口にしてしまう。

人見知り。俗にいう「コミュ障」。

頭がよく、特に記憶力が抜群。

間野春樹(まの はるき)


美術部員。幼少期より頭脳明晰。

両親を戦争で失ったのち、唯一の肉親だった兄・秋明(しゅうめい)を通り魔でなくす。

無口。適度に不真面目。

志田圭斗(しだ けいと)


戦時中、沙耶の父の部下だった。今は沙耶の家に居候している。

寡黙で吃音気味。シャイなところがある。

夏原那史(なつはら ともふみ)


世界史の先生。優秀な学者だったが、従軍を機に教師に転身。

常に右目を隠していることから「キタロー先生」と呼ばれている。

川口准尉


第3次世界大戦後、戦犯として処刑された准尉のうちの1人。

皮肉やジョークが好き。人好きされるタイプ。

間野秋明(まの しゅうめい)


春樹の兄。両親を失ってから春樹の面倒を見ていたが、通り魔で亡くなる。

絵を描くことが好き。

ファンレター

皐月原 圭さまへ

こちらにまでご感想、ありがとうございます! まず、3人がそれぞれに抱えている想いとそのすれ違いというのが、描きたかったテーマの1つなので、まさにそのような感想をいただけたことが、とても嬉しいです。 次に、絵を見られてしまったシーンについて。 ストーリーを考えるにあたって、一番初めに思い浮かんだ場面が、あのシーンです。物語全体があそこに向かってくれるよう、考えていました。ですので、ザワザワしたとのお言葉が、とてもありがたいです。 最後に、山場もオチもあると感じていただけたことが ... 続きを見る

先生の絵を見られたシーンが一番ザワザワしました。

3人いれば、3人分の考え方があり、誰かが気持ちを秘密にすれば、その分だけ思いがすれ違う。そんなことを思ってしまいました。 先生の絵を見られてしまった直後のシーンはとにかく不穏で、読んでいる側も気持ちがザワザワとし、何と言いますか、歯がゆいやら、腹立たしいやらという複雑な気持ちでした。 登場した主人公3人、それぞれにそれぞれの思いを抱えていて、それに一生懸命に生きていることが伝わってきます。 そして、見ている方向の差も。 バラバラなところを見つめているみんなの気持ちを1つにまとめるのは ... 続きを見る

小説情報

あなたの言葉を知りたくて

甘抹らあ  LA____R

執筆状況
完結
エピソード
31話
種類
一般小説
ジャンル
学園・青春
タグ
長編, 戦争, 美術, 友情, 高校生, 青春, 成長, シリアス, ヒューマンドラマ, 【骨太小説】
総文字数
91,388文字
公開日
2020年04月12日 20:00
最終更新日
2020年05月31日 23:58
ファンレター数
2