千々に乱れて宵蛍

[ホラー]

5

1,151

0件のファンレター

カフェーの女給ふみのひと夏の恋

もの思へば沢の蛍もわが身より
あくがれいづる魂かとぞみる ──和泉式部
(恋に苦しみ嘆いていると、乱れ飛ぶ蛍が私の身から彷徨いでた魂のような気がします。)

夏の短夜におすすめな、どろっとした恋愛小説です。
悍ましい恋の話が好きな方はぜひ。
大正〜昭和初期/恋愛/人怖/三人称視点

ATTENTION!
*本小説は舞台当時の社会的価値観、及び慣習などをベースに書いたものです。筆者の思想・主義・主張などは一切関わりがありません。ご理解ください。
*本文には展開の都合上、暴力表現などが含まれます。苦手な方はご注意ください。
*特定の精神疾患を匂わせる描写がありますが、当小説はあくまでも創作に過ぎず、実在の精神疾患やそれに苦しむ方々のことを中傷する意図はありません。また同時にそれを正確に周知する意図を持って製作されたものでもありません。
*また筆者には勉強不足な点が多々あるかと思います。創作としてお楽しみいただければ幸いです。

目次

完結 全1話

2024年06月18日 03:22 更新

登場人物

ふみ


銀座の寂れたカフェーの女給。

少しぼんやりしたところがあるものの、それなりに客付きのいい娘。

新進気鋭の文士・小山内に見初められるが……

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

千々に乱れて宵蛍

茜屋 翠璃  LadyBethTudor

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
ホラー
タグ
恋愛, 大正浪漫, 昭和モダン, 悲恋, 人怖, 切ない, 女主人公, 大人の恋, ヒューマンドラマ, ホラー
総文字数
25,994文字
公開日
2023年07月17日 01:52
最終更新日
2024年06月18日 03:22
ファンレター数
0