黄金色の涙 1945himawari

[ミステリー]

5

3,866

0件のファンレター

曽根崎警察に一人の男が訪れた。男は或る絵を盗まれたと言った。それはゴッホの向日葵の絵だと男は言う。しかし、その絵は存在しない絵だった。そう、通称「芦屋の向日葵」、ゴッホが生涯二番目に描いた向日葵だった。同じころ、曽根崎の通りを抜けてある男のもとに向かう一台の車があった。その車から降りた女性はある人物を訪ね、ある依頼をする。「向日葵を描いて欲しい」
この小説は大正から昭和にかけて関西に実在した、ゴッホ作向日葵をモデルにした小説です

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

黄金色の涙 1945himawari

日南田 ウヲ  mihaku1973

執筆状況
連載中
エピソード
23話
種類
一般小説
ジャンル
ミステリー
タグ
ゴッホ, 向日葵, 芸術, 画家, 愛, 青春, 犯罪, 希望
総文字数
239,394文字
公開日
2019年10月12日 16:15
最終更新日
2022年03月27日 13:06
ファンレター数
0