モノクロ世界でもぐらが語る

作者 Iori-Ueta

[現代ドラマ・社会派]

3

445

0件のファンレター

友人と喧嘩をしてしまった倉持佳代子は、手紙を書いた。
不用意な発言をして悪かったことを謝り、どうしてすれ違いをしてしまったのかを語る。

人の目を気にしすぎて自分の行動を制限するのはもったいないかもしれません。でも、誤解が誤解を招いて無実の罪を着せられた経験をしても、同じことは言えるでしょうか。
そんなに人は、強くなければならないのでしょうか。

太陽のようなあなたを前にすると、私は自分の影ばかり見てしまいます。陽光を直視するだけの目を持たない、土竜のような存在が私なのです。

目次

完結 全1話

2022年11月12日 22:48 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

モノクロ世界でもぐらが語る

Iori-Ueta

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
文学, 現代文, 短編, 独白, 手紙, 少女, 別れ, 現代ドラマ
総文字数
3,486文字
公開日
2022年11月12日 22:47
最終更新日
2022年11月12日 22:48
ファンレター数
0