一般小説作品詳細

布団のうえで寝たいんだ

3|現代ドラマ・社会派|完結|1話|4,990文字

【お仕事小説】, 教員

395 views

通知表の時期は地獄だ。朝起きると、じぶんが布団で寝ていなかったことに気づき、またか、とべりべりと床から身体を引き剥がす。寝落ちが常態化していることになんの疑問も湧かない。スカートだと動きにくい。きょうもジャージでいいかと思い、コーヒーを淹れる片手間に着替えを済ます。出勤すると教頭から、「例の親からまた連絡が」もっとも聞きたくなかった言伝をもらった。

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

布団のうえで寝たいんだ

stand_ant

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
【お仕事小説】, 教員
総文字数
4,990文字
公開日
2019年06月12日 05:44
最終更新日
2019年06月15日 12:54
応援コメント数
0

応援コメント一覧

応援コメントはありません

作者プロフ

stand_ant

・2011年講談社BOX「第十回BOX-AiR新人賞」受賞。
(未書籍化)
・以降、講談社への投稿作はすべて一次選考落ち(2019年9月現在)。

講談社novel days超短編コンテスト落選作一覧(2019)
【雨のような雪の日は】【ラストレター】【パウ】【灯蛾を焼く者】【カマキリ】【死神の死神】【転】【クロに似たソレ】【殺意、初めまして】【私のために死んでくれ】【こちら、悪意でございます】【うしろの正面だぁーれ】【備えあれば無念なし】【ナンバーズファミリィと最期の晩餐】【統治者の資格】【たっきゅう】【暗がりで二人】【ヌクレさんの落度】【識別の色別】【最後の砦】【宇宙コロニー殺人事件】【饅頭トライ】【何もない部屋で人を殺す方法】【調べ屋と開かずの間】【五千字じゃあ、ちょいと語るにゃ惜しい作家だな】【純粋亜垢】【魔界の植物】【おもしろくないのにおもしろい小説】【底知れぬペットボトル】【コイン積み】【地の文、略してじぶん】【共感覚の音楽】【人類の管理者】【雑音の満ちる夜は】【超能力者の発見】【あれもこれもここがゆらい】【占い師のおもてなし】【偉大な発明】【ぼくは唾液を呑みこんだ】【非のないところにも煙は】【椎名さんのヌイグルミ】【テロルの木馬】【布団のうえで寝たいんだ】【引退は惜しまれるうちに】【ハンバーガーの片割れ】【姪は干されてなお、ふかふかと】【友死火(ともしび)よ、つぶやけ】【あちき、なつみ!】【彼女は虹のかけ橋】


落選予定一覧:
【魔王攻略】【だって魔女だもの】【専属になりたくて】【つけるのをやめろ!】【だってお姉ちゃんだから】【改悪∞白雪姫】【肛門括約キンドロイドVSターネットの闘い】【マネー・ド・ローン】【生き残り】【彼女の愛に溺れて夢を視る】【未経験】【紅茶の香りは吐息から】【老婆とクロ】【たまてばこ】【尻尾を振っているのはどっち?】【初恋なんて切り捨てて】


投稿先一覧(2010~2019)。
《講談社メフィスト賞》(主催:講談社文芸局第三出版部)
《星海社FICTIONS新人賞》(主催:講談社子会社星海社)
《講談社BOX-AiR新人賞》(主催:現講談社文芸局第三出版部)
《攻殻機動隊二十五周年記念小説アンソロジープロジェクト》(主催:講談社ヤングマガジン編集部)
《講談社novel days超短編コンテスト》(主催(推定):講談社文芸局、第二、第三出版部)

【歴代関連編集部長】(敬称略)
・太田克史
・秋元直樹
・佐藤辰宣
・都丸尚史
・栗城浩美
・ 唐木厚
・宇山日出臣

以下、落選作一覧(2010~2019)。
《講談社メフィスト賞》(主催:講談社文芸局第三出版部)
2010:
【エアチェアラビット】
・R2L機関
・ウェイクアッパー
・ファンシィニスト
2011:
【もののけだものけものみち】
・そらたかくおちるきみへ
・もののけだものけものみち
【FOUNDNATION】
・EN-D,CONSTRUCTION
・マジックミラー
・ミナゴ◇シンドローム
2014:
【ぼくの内部をじかになぞって。】
【裏筋をなぞると。】
・改悪∞日本昔話
・改悪∞今昔物語
・改悪∞異類婚姻譚
【局部怪奇譚~人造乙女は心臓を止め~】
2015:
【外骨格の目~伝統小芥子は電灯を消し~】
【異世界の蛇口~神殺し魔起き~】
【暗黒舞踏団~踊り屋たちの囮か愛~】
・踊り屋たちの囮か愛
・囮と知りつつ愛をとり
・踊りとうつつに舞い戻り
【私は性器が好きなだけ~人工名器に凜と銘じ~】
【網膜の住人~仮想世界に魔法をねがい~】
(※改題あり)

《星海社FICTIONS新人賞》(主催:講談社子会社星海社)
2013:
【息の根にうるおいを。】
【群れなさぬ蟻】
(※改題あり)

《講談社BOX-AiR新人賞》(主催:現講談社文芸局第三出版部)
2011~2012:
【狩人の魔女】
【セカンドキラー】
【16ビートのゆくえ】
【サバイバルなIF】
【『 』(スペース)】
【首元に刃が迫るまで】
【テキス〈ト〉ラベラー】
【棚からずんだ餅】
【ディスク・クール・ロージャ】
【シフト⇒ガイド】
【R[I]MOTE-CONTROL】
【おしっこに行ってきます】
(※ほか多数)(※改題あり)

《攻殻機動隊二十五周年記念小説アンソロジープロジェクト》(主催:講談社ヤングマガジン編集部)
2014:
【狂言師は廻る】
【模擬人格はここに】
【ぼく、タチコマ!】

《講談社novel days超短編コンテスト》(主催(推定):講談社文芸局、第二、第三出版部)
2019:
【雨のような雪の日は】【ラストレター】【パウ】【灯蛾を焼く者】【カマキリ】【死神の死神】【転】【クロに似たソレ】【殺意、初めまして】【私のために死んでくれ】【こちら、悪意でございます】【うしろの正面だぁーれ】【備えあれば無念なし】【ナンバーズファミリィと最期の晩餐】【統治者の資格】【たっきゅう】【暗がりで二人】【ヌクレさんの落度】【識別の色別】【最後の砦】【宇宙コロニー殺人事件】【饅頭トライ】【何もない部屋で人を殺す方法】【調べ屋と開かずの間】【五千字じゃあ、ちょいと語るにゃ惜しい作家だな】【純粋亜垢】【魔界の植物】【おもしろくないのにおもしろい小説】【底知れぬペットボトル】【コイン積み】【地の文、略してじぶん】【共感覚の音楽】【人類の管理者】【雑音の満ちる夜は】【超能力者の発見】【あれもこれもここがゆらい】【占い師のおもてなし】【偉大な発明】【ぼくは唾液を呑みこんだ】【非のないところにも煙は】【椎名さんのヌイグルミ】【テロルの木馬】【布団のうえで寝たいんだ】【引退は惜しまれるうちに】【ハンバーガーの片割れ】【姪は干されてなお、ふかふかと】【友死火(ともしび)よ、つぶやけ】【あちき、なつみ!】【彼女は虹のかけ橋】

(ほか多数予定)

以上、落選。


著作はこちらにてお読みいただけます。
カクヨム:https://kakuyomu.jp/users/stand_ant_complex
pixiv:https://www.pixiv.net/member.php?id=14167088
電子書籍:https://www.amazon.co.jp/l/B07458F2WJ
note:https://note.mu/ikubisiman/n/n4bd3c3a6ae90?magazine_key=m1e0262812914

この作者の他の作品

小説

3|SF|完結|18話|63,280文字

2019年09月15日 05:35 更新

百合, 強敵, 天才, 死闘, 陰謀, 人類滅亡, 異能, 近未来, クローン, 意識

2011年第十回講談社BOX「BOX-AiR新人賞」受賞作。 「純粋処女批判(未書籍化)」をゼロからつくりなおしたものとなります(原作は16万字)。 ――クローンに意識は宿らない――。...

小説

3|現代ドラマ・社会派|完結|1話|4,998文字

2019年09月15日 05:35 更新

【木村なつみ】, 独占禁止法, 公正取引委員会

「だとしても、きみがオーディションに受からなくなったのは、仕事を断ってからなのは確かなのだろ。だったらまずは状況証拠をもうすこし固めて、確実に、箸にも棒にもかからなかったという事実をつくりながら、ほかのオーディションを受けて...

小説

3|ミステリー|完結|1話|9,807文字

2019年09月15日 05:34 更新

名探偵, 勝ち負けに興味はない

姉は自殺なんかじゃない、殺されたんだ。依頼人の姉は、医療機器メーカーを相手取って訴訟を起こしていた。法外な賠償金を手にする寸前で彼女は亡くなった。医療機器メーカーによって殺されたのだ、と依頼人は訴えるが、肝心の探偵はというと...

小説

3|恋愛・ラブコメ|完結|1話|4,968文字

2019年09月15日 05:23 更新

【嘘】, 初恋

男の子だと思っていた初恋の相手が、大人になって会ってみると同性のかわいい女の子で戸惑っちゃう、といったおはなしは、漫画のなかではとっくのむかしに王道となっていて、一周回ってやや古い、みたいな扱いだけれど、じっさいに現実のもの...

小説

3|恋愛・ラブコメ|完結|1話|4,986文字

2019年09月15日 05:07 更新

【嘘】, 誤認

従姉と僕は似ている。

小説

5|ファンタジー|完結|1話|4,971文字

2019年09月13日 22:43 更新

【嘘】, 裏腹

庭に大きな殻が落ちている。卵の殻だ。誰かが投げ捨てていったのかもしれない。

小説

4|恋愛・ラブコメ|完結|1話|2,671文字

2019年09月13日 22:42 更新

【嘘】, 初体験

思ったほどきもちよくはないのだそうだ。ならなぜそれをするのかと尋ねると、やつらはおおむねこう答える。まあ本能だよね、と。

小説

3|ミステリー|完結|1話|4,953文字

2019年09月13日 22:42 更新

【嘘】, 擬態

乖離性疑似相貌症を患ってぼくは産まれた。世界に一人しか確認されていない奇病で、生まれたときからぼくはぼくの顔だけを認識できなかった。

小説

3|SF|完結|1話|3,163文字

2019年09月13日 22:42 更新

【嘘】, 殺人

人口爆発により人類は進退窮まりない局面に追いこまれていた。そこで二〇八〇年代、国連主導で、相殺安定法が発足された。十五歳になる児童は必ず同年代の児童を一人だけ殺害しなければならない。ゼロ人でも二人でもなく、必ず一人である。

小説

3|恋愛・ラブコメ|完結|1話|2,142文字

2019年09月13日 22:41 更新

【嘘】, 未練

紅茶を飲みにいこう、とあなたが言ったので、ほいほいついて行ったら、あなたの住む安アパートが見えてきた。ここにくるのは一年振りだ。

TOP