フレイグラント・オーキッズ!~香蘭の乙女たち~

[学園・青春]

180

14,670

36件のファンレター

時は昭和十一年春、所は横浜の名門基督教女学校――香蘭女学校。
一年生の春野こず枝は、五年生の小野寺房子さまが級友の林鏡華さんと〈エス〉の関係――つまり、〈姉妹〉の契りを結ぼうとする現場を目撃してしまう……。
フレイグラント・オーキッズ(Fragrant Orchids)――香り高き蘭の乙女たちの物語。
※表紙イラスト及び登場人物のキャラクター画像は、あままつ様のフリーアイコンを使用させていただきました。
※〈エス〉というのは、〈シスター(Sister)〉の頭文字で、戦前の女学校風俗の一つです。
※本作品は不定期連載です。

目次

完結 全35話

2021年06月16日 10:29 更新

  1. 第一部・魔神仔とフートボール

  2. 第1話 典雅なる戦闘服は臙脂色2021年02月26日
  3. 第2話 招かれざる宴の客人(まろうど)2021年06月16日
  4. 第3話 千年の眠りを覚ます鳳眼(フォン・イェン)2021年02月11日
  5. 第4話 〈エス〉の誘いは不穏な調べ2021年02月14日
  6. 第5話 わたしたち、お友達になりませう 2021年02月20日
  7. 第6話 その髪を飾らむと花ぞ舞い散る2021年03月02日
  8. 第7話 あなたと決闘致します2021年02月13日
  9. 第8話 提灯ブルマーもモダンに着ませう2021年02月15日
  10. 第9話 鏡華さんのお部屋は秘密の匂ひ(前)2021年04月07日
  11. 第10話 鏡華さんのお部屋は秘密の匂ひ(後)2021年04月07日
  12. 第11話 秘密の特訓、始めませう2021年02月16日
  13. 第12話 わが麗しのフォルモサ2021年02月19日
  14. 第13話 柏木さんは事件の匂ひ2021年02月19日
  15. 第14話 乙女はエバの裔(すえ)なれば……2021年02月20日
  16. 第15話 少女探偵団、始めませう2021年02月20日
  17. 第16話 〈霧社事件〉ってご存知?2021年03月01日
  18. 第17話 山雨来らんと欲して風楼に満つ2021年03月02日
  19. 第18話 鏡華さん、どうなさったの?!2021年03月05日
  20. 第19話 義を見てせざるは勇無きなり2021年03月05日
  21. 第20話 お父さま、今晩は何も訊かずに……2021年03月07日
  22. 第21話 鏡華姐さんと呼んでもよくって?2021年03月08日
  23. 第22話 空き家の冒険、始めませう(前)2021年04月07日
  24. 第23話 断章 囚われの乙女の独白2021年03月09日
  25. 第24話 空き家の冒険、始めませう(後) 2021年04月07日
  26. 第25話 『フレイグラント・オーキッズ!』内緒話①――中華世界の「劍」の使い方2021年05月05日
  27. 第26話 もうひとりの関係者はどなた?2021年03月28日
  28. 第27話 〈剛の者〉だったのはどなた?2021年05月01日
  29. 第28話 わたしたち、正々堂々戦うと誓いませう2021年03月28日
  30. 第29話 フートボールで決着をつけませう(前)2021年04月09日
  31. 第30話 フートボールで決着をつけませう(後)2021年04月09日
  32. 第31話 こんな提案はいかが?2021年05月01日
  33. 第32話 写真の秘密、教えませう2021年05月01日
  34. 第33話 ごきげんよう2021年05月02日
  35. 第34話 『フレイグラント・オーキッズ!』内緒話②――台湾妖怪「魔神仔」2021年05月05日
  36. 第35話 『フレイグラント・オーキッズ!』内緒話③――女学生の「身の上相談」2021年05月06日

登場人物

春野こず枝(はるの・こずえ)

本作の主人公兼語り手。香蘭女学校一年生。

母も香蘭女学校の卒業生だったが、去年亡くなった。現在は、あまり売れていない文士の父親と二人暮らし。

鏡華と「少女探偵団」を結成する。

※余談だが、使用させていただいているフリーイラストが美しすぎて、小説作者(南ノ)でさえ、「こず枝さん、あんたこんな美少女じゃないよね」と密かに思っているという噂がある。

林鏡華(リン・キョウカ)

「鳳眼」の美少女で、こず枝とは腹心の友。

台湾出身だが、父親が横浜で貿易会社を経営しているため、日本育ち。

一部の生徒にしか知られていないものの、もう一つの顔を持ち、特殊な事件を解決する。

こず枝とともに「少女探偵団」を結成。

※左の耳の上あたりの髪に、小さい紫色のリボンをイメージしていただくと、より小説のイメージに近くなります。

小野寺房子(おのでら・ふさこ)

香蘭女学校の「女王」と称せられ、下級生から憧れと畏怖の視線を集める五年生。

次期首相候補とも囁かれる大物政治家の御令嬢。

特技はフートボール。


薬師寺光子(やくしじ・みつこ)

こず枝と鏡華の級友(クラスメート)。

母親も香蘭女学校の卒業生で、こず枝の母の親友だった。

父親が小野寺家の執事のため、家族で小野寺邸に住んでいる。


柏木塔子(かしわぎ・とうこ)

香蘭女学校二年生。

一見なよなよした風情の美少女だが、なぜか「剛の者」と称される。

女王房子が唯一苦手とする相手だという噂がある。

ファンレター

1話~15話まで拝読しました

戦前の女学校の雰囲気が鮮やかに、魅力たっぷりに描かれていて、読みはじめたら一気に読んでしまいました! この時代は、もう着物に袴ではなくて、洋装の制服で通学していたのですね。 創世記や出エジプト記から随所に引用されていて、それも現代では滅多に見ることのない文語訳聖書で、新鮮に感じました。(日本の教会では、今は新共同訳聖書が一番多く読まれているので)「乙女はエバの裔なれば」の回で引用されていた聖書箇所、今まで好きじゃなかったんです。歴史的に「アダムはだまされませんでしたが、女はだまされて、罪を犯し ... 続きを見る

返信(1)

彼女たちイケてますね~!

 戦前女子の恋愛相談! 現代と比べて奥手でおしとやかな大和撫子……と、思いきや結構ダイタンですね。それに対して、相談に答える方の頭の固いこと。このお嬢さん達の方が柔軟に物事を解決できるのではないかなあと思ってしまいました。そういえば、終戦が昭和20年なので、この年代のお嬢さん達が戦後を牽引していってくれたのかな。この相談を読んでいると妙にバイタリティを感じて(当時の飛んでるお嬢さん達?)、微笑ましいです。  要所要所の南ノさんの突っ込みと、案内が面白くてあっという間に読み終わってしまいました、 ... 続きを見る

返信(1)

妖怪と少女たち

魔神仔、怖いけどやっぱりユーモラスで可愛らしく見えてしまう……(笑)。ほんと、河童に似ていますね! 思わず『妖怪台湾』の本につけられた帯にも目が行ってしまいました。中国語は読めないのに、何を言っているかは分かってしまうという。漢字文化圏という壮大なものが、現実味を帯びて迫ってくるような感じがしました。三奈乃さんは日常的にこういう世界に触れているんだなあとしみじみ思います。 昭和初期の少女たちの悩みには、大爆笑! こういう本音に近いものって歴史書には出てきませんよね。三奈乃さんのツッコミ方も秀 ... 続きを見る

返信(1)

身の上相談

こういった若い女の子の恋のお悩み相談(しかも昭和初期なら尚更)の回答は、多分常識的で無難なものだろうなと思いきや、予想の斜め上をいっていました。けっこう乱暴というか雑でびっくり。(笑) “静子さん”“不明さん”はきっとかなり勇気を出して投稿したはず。真剣さとちょっととんちんかん振りが可愛いです。唖然とする回答を読んで、冷静になって目を覚ましてくれればいいのですが。(^^;) いつの時代も、恋は思案の外、空回りして『ひとり●●の●歴史』(←南ノさん、ピッタリな表現です!)を刻んじゃうわけですね。 ... 続きを見る

返信(1)

可愛い、魔神仔!

 本文では、不気味だなあと思っていた魔神仔ですが、この本の挿絵はとっても可愛いですね。ちょっと心を撃ち抜かれてしまいました。台湾の妖怪達とマンガ、魅力的です。また南ノさんの著作でお会いできるのを楽しみにしています。

返信(1)

魔神仔怖いよー((((;゚Д゚))))

「いいね!」じゃなく「凄いね!」というボタンが欲しいです! ご紹介の本素敵ですね。三奈乃さんのおかげで知らない世界を知ることができて、ぜんぜんどこへも行けない連休に旅をさせてもらった気分です。^^ そして魔神仔怖っ!! 私もともと河童が可愛いと思ったことないんですね。『遠野物語』の河童も怖いですよ。だからわたし自分の「だれがどすた」にも河童はうまく出せないんです。だって(注意:ここからちょっとグロい話)村の娘さんが河童に犯されて子どもを産んでしまって、その子どもの見た目が、うわあもう書けません ... 続きを見る

返信(4)

台湾妖怪「魔神仔」

物語で〈剛の者〉をさらった「魔神仔」、思っていた以上に河童でした。脳内で猿大目で再生していたのでちょっと驚き。(笑)紹介された本の表紙イラスト、素敵ですね。中央の仙女さま? はんなりとしてとても綺麗……悪い妖怪だけでなく、善い妖怪もいるのでしょうか? 私は個人的に提灯をかかえた背びれのある化け猫テイストキャラが気になります。ところで魔神仔、侮れないですね~大概にしなさいって感じ。変な術を使うだけでなく、そんな直接攻撃をするなんて。(怖っ)『フレイグラント・オーキッズ!』の世界観に触れられて楽しか ... 続きを見る

返信(1)

終わりがあるからこそ

「学業の終わりは婚姻生活の始まり」。このとめどない切なさ! 終わりがあるからこそ、青春って光り輝きますよね。この少女たちがまぶしく感じられるのは、厳しい将来が待ち受けているからこそだなあと思うのです。 刻々と戦争の足音が聞こえてくるこの時代。でも華宵とかかつぢとか(気になって調べました。どちらの絵も見たことある!と大感激)、独特の甘い雰囲気が全編を覆っていて、それが作品の魅力になっていますね。 これが第一部かあ……。第二部でこず枝さんたちにまた会えるのを楽しみにしています!

返信(1)

再び会うまでの約束~~

 さみしい、また会えるとは思っていてもさみしい! 週末が近づくと「そろそろかなあ~~」とウキウキ。日常が忙しい時も、彼女たちの冒険は私の生活に潤いと刺激を与えてくれました。ごきげんよう、なんて言わないでっ。と思わず薬師丸ひろ子の「セーラー服と機関銃」を心で唄ってしまいました。最後のあたりになって、薬師寺さんの格好良さに惚れ(Sのちぎりを結んで欲しい)、そして、な、なぜかあのラスボス房子様の天敵となりつつある柏木さんが妙にツボに入り登場を心待ちにするようになりました。その空気を読まない強者ぶりに「 ... 続きを見る

返信(1)

第一部完結!

これで第一部が完結なのですね。可愛すぎて泣きそうです。こんな青春時代が送りたかったなぁ(うっとり)。第二部もますます楽しみです!(*^^*) 私はどこか、欠けたところがあって、恋愛での嫉妬という感情がほぼ無くて、好きな人を他の誰かも好きだとわかると、すぐあきらめて譲ってしまうんです。自分には嫉妬がわからないのかなと思っていたんだけど、今回読ませていただいて、こず枝さんも鏡華さんもお母さんたちも、房子さんだって可愛くてキュンキュンしてしまって、ああ、わたしは単に自分の嫉妬を自分でも感じられない ... 続きを見る

返信(2)

小説情報

フレイグラント・オーキッズ!~香蘭の乙女たち~

南ノ三奈乃  minano

執筆状況
完結
エピソード
35話
種類
一般小説
ジャンル
学園・青春
タグ
学園, 女主人公, 百合, ミステリー, アクション, 妖怪, 台湾, 長編, 昭和, 女学校
総文字数
90,039文字
公開日
2021年02月09日 01:22
最終更新日
2021年06月16日 10:29
ファンレター数
36