作品数2
総合評価数6
総合PV数1,113

作者ブックマーク

活動報告

『私と僕と夏休み、それから。』の掲載を始めました。

初めまして、坂東と申します。

知人向けに映像用の短編台本を書いたことをきっかけに、
「小説も書いてみよう」
と思い立ち、執筆に至りました。

それまで、その台本も含めて文芸作品は創作したことはありませんでした(書いたことがないのに、安請け合いしてしまったのです)。
挑戦です。

とりあえず短編ならできるのでは?
面白いかはおいておいて、台本かけたし?
という、軽い考えから書き始めました。

知人たちは良い大人なので、台本はどうしても大人が出てくるものしか書けませんでした。
性別も人数も決まっていました。
が、小説ならばすべて自由です。演者は私の頭の中です。

そこで、メインキャストには「私が戻れるなら戻りたい年代」である高校生を選択しました。

人物の設定と筋書きは決め、だいたい原稿用紙10枚くらいで収まるかと予想していました。
が、意外と長くなってしまいました。自分でも驚きです。学生時代、授業レポートの2000字あたりで苦しんでいたのに…。

とはいえ、こちらの小説は短編ほどの長さです。
すでに大まかには書き終わっていますので、随時アップしていきます。
お楽しみくだされば幸いです。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

※なお、こちらの小説は「小説家になろう」様、「カクヨム」様にも掲載しております。

坂東さしま

2024年 04月06日 (土) 20:18|コメント(0)

コメントはありません