セリフ詳細

>>うな丼

ここのうな丼はうなぎが大ぶりなんで、食い応え抜群です!

水産センター以外にも老舗のうなぎ屋が多いんが、当地のうなぎ養殖の盛んぶりを物語るなによりの証拠じゃろう思います。


>>元バンドマン

ライター初期の頃はバンド活動しながらじゃったんで、著者近影にミュージシャン写真が使われてたりしとりました(笑)

およそ物書きっぽくない存在じゃったと我ながら思う次第。

もっともそういう経緯がなきゃあ、この業界に飛び込むこともなかったぁ思うんで、人生にはすべて意味があるんじゃろうなと思うとります。

ま、バンド時代の話はまた機会あらばおいおい。


作品タイトル:【乱入自由】今岡英二の「食べ歩き万歳!」

エピソード名:12話② 千葉・成田市の「印旛沼漁協 水産センター」

作者名:今岡英二  eijivocal23

2079|その他|連載中|624話|670,214文字

食レポ, 食通, グルメ, 食べ歩き, コント, 乱入, 美食

773,699 views

食通としても知られた、文豪・池波正太郎先生はその著書の中で「男の人生というものは、毎日確実に死に向かって歩むことだ。なればこそ今日という一日が大切。今日が最期の覚悟で、日々の酒を飲み、飯を食え」といわれています。
一方で、洒脱にも「てんぷら屋に行くときは腹をすかして行って、親の敵にでもあったように揚げるそばからかぶりつくようにして食べなきゃ」とも。

かくの如き、名言を残せるかはさておき、わしも食レポなるものを徒然なるままにしてみんと欲す。


というわけで、どなたでも「乱入自由」、天衣無縫の食レポが、いまここに──開演!