セリフ詳細

俺が、どうして他人の剣を持つか?



最強の剣を持ちたいからだ。


ついでに、普通の家に眠っているかも知れない剣を奪うのも、そのためだ。

作品タイトル:Sword Masters/Innidiation

エピソード名:20 夜の「ゲームマスター」

作者名:セフィ  synthesisland

36|ファンタジー|完結|60話|155,779文字

剣士, バトル, 異世界, 野望, シリアス, ライバル, 剣, 武器

81,390 views

世にその力を見せつける剣の魂よ、いまその牙を剥き出せ。

そして、証明せよ。その力が最強であることを。


正義と平和の軍事組織「オメガピース」の剣士たちが送り込まれたのは、最強の剣を決するゲーム「ソードレジェンド」。
ルールはただ一つ。戦いに敗れ去った剣は「ゲームマスター」に没収され、勝者の使っていた剣のコピーを手渡される。それだけだ。

最強の剣だけが生き残る「ソードレジェンド」に、強き剣士たちは己の剣の力を誇って戦い続ける。
そして、ゲームの背後に見え隠れする、過去の因縁。そして復讐の時。


このゲームを終わらせることができる剣士は、誰か。
果てしないバトルが、いま始まる。


*アイコンは、陶田いちる様より頂いています。
*2019.3.31 完結!

関連運営ポータル

NOVEL DAYSは、出版社の講談社と、システムインテグレーターの未来創造が運営している創作ポータルサイトです。

TOP