セリフ詳細

……後始末ぐらい、やって……いけよ……

作品タイトル:昭和童蒙逐電譚 月の背中

エピソード名:たたり #2

作者名:東亰チキン  tokyochicken

104|現代アクション|連載中|40話|104,542文字

昭和, 犯罪, 自由, カルチャー, 少年, ヒューマンドラマ, 冒険, ロードムービー, ピカレスク, 逃走劇

14,779 views

《戦うな、逃げろ》

 弱い者はいつだって強い者の好きにされるのがこの世のルール。

 ろくでもない暮らしはいつまで続くのか。思いどおりに生きたい。そう思ってもおれにはしょせん無理な話。そんなことができる年になるまであと三年半もある。

 わかっちゃいる。わかっちゃいるが、それでもなんとかしたい。今をどうにかしたい。ここじゃないどこかへ行きたい。顎を動かしながら考える――なにも思いつけないおれの脳みそ。

 チャンスは思いがけないかたちでやってきた。こいつに乗らない手はない――奴隷から自由の身へ。そのためならなんだってやってやる。どこまでだって逃げてやる。邪魔をするな。頭のおかしい女も教師も、おまわりも不良も怪物もみんなまとめてぶっちぎってやる。思いどおりにならない人生なんて、ごみだ! くそだ! 冗談じゃない! おれはおれのやり方で新しいおれになってやる!

 小学生(がき)だからって、なめんなよ。
 

関連運営ポータル

NOVEL DAYSは、出版社の講談社と、システムインテグレーターの未来創造が運営している創作ポータルサイトです。

TOP