セリフ詳細

 太陽系には推定50億年の歴史があり、46億年前に誕生した地球は、適度に安定・撹乱した環境を創成した結果、ヒトを含む多様な生物の存命を可能にしている。5回(古生代オルドビス紀・デボン紀・ペルム紀・中生代三畳紀・白亜紀)の大絶滅を経て、20万年前の新生代第四紀更新世「千葉時代」には、私達の祖先であるサピエンス人種が出現していたと考えられる。気候の乾燥・寒冷化と、インドネシアのトバ破局噴火という、二度の絶滅危機を辛うじて生き残った、その末裔が私達である。恐竜もそうだが、生物多様性の減少は絶滅リスクを高めるので、人類が生存し続けるためにも、多様性の保全に努めなければならない。しかし現在、生物は6回目の大絶滅を迎えており、そのペースは過去5回よりも速く、人類の経済活動に伴う急激な環境変化が、原因として指摘されている。このような生物学・地学を理解し、地球環境問題に取り組む必要がある。

作品タイトル:地球研究会

エピソード名:人類と自然環境の共生

作者名:スライダーの会  slider

37|科学|連載中|31話|202,235文字

科学, 創作論・評論, 社会・思想, ファンタジー

35,297 views

 地球研究会は、私達が暮らし生きる地球世界を学び、その中に存在している自己を見詰める、総合的ネットワーク・サークルです。
主として國學院大学・法政大学・星槎大学などの学生・卒業生らが参加し、論考を投稿しております。