セリフ詳細

>>敷居が低い

書きやすく、読みやすいいうのもあるでしょうな。

これでいろいろ参入が増えると、底があがってくること請け合いでしょうな!


あと、今回いろいろと伸びたのは、

もしかしたらこの前の神戸の一件があるんかもしれん思いました。

というのも、先週、このお店の人らがネットラジオをやってるのをたまたま聞いて、

いろいろとわしのこと話題にしてくれとったんで、

わしの方も「実は先日の話、ネットのコラボ小説で紹介したんですよ」

ツイッターで連絡入れてみたら、

感謝の言葉とともにいろいろとこのページを拡散してくれとったんですわ。

あっちもいろいろと紹介してくれたことに感謝されとったが

わしもいろいろ紹介してくれて感謝しとるところです!


作品タイトル:【乱入自由】今岡英二の「食べ歩き万歳!」

エピソード名:44話② 茨城・鹿島神宮の門前そば「竹やぶ」

作者名:今岡英二  eijivocal23

743|その他|連載中|302話|334,134文字

食レポ, 食通, グルメ, 食べ歩き, コント, 乱入, 美食

157,312 views

食通としても知られた、文豪・池波正太郎先生はその著書の中で「男の人生というものは、毎日確実に死に向かって歩むことだ。なればこそ今日という一日が大切。今日が最期の覚悟で、日々の酒を飲み、飯を食え」といわれています。
一方で、洒脱にも「てんぷら屋に行くときは腹をすかして行って、親の敵にでもあったように揚げるそばからかぶりつくようにして食べなきゃ」とも。

かくの如き、名言を残せるかはさておき、わしも食レポなるものを徒然なるままにしてみんと欲す。


というわけで、どなたでも「乱入自由」、天衣無縫の食レポが、いまここに──開演!

関連運営ポータル

NOVEL DAYSは、出版社の講談社と、システムインテグレーターの未来創造が運営している創作ポータルサイトです。

TOP