セリフ詳細

うん?

作品タイトル:【戯曲】闇の左手(ル=グウィン原作/オリジナル訳に基づく二人芝居)

エピソード名:第三幕(2)

作者名:未村 明(ミムラアキラ)  mimura_akira

150|SF|完結|48話|17,612文字

SF, ファンタジー, ル=グウィン, 戯曲, 脚本, オリジナル訳, 波乱万丈, 友情, 切ない, 両性具有

29,985 views

宇宙のさいはて、極寒の惑星。スパイとみなされた地球からの使節は、ただ一人の理解者である現地人の宰相と、大氷原を横切って決死の逃避行を試みる。雪と氷に閉ざされた死の世界で二人を待ち受けるものとは……。
日本では『ゲド戦記』の原作者として知られるル=グウィンの、真の代表作『闇の左手』。その壮大な物語を、かぎりなくストイックな表現で二人芝居の朗読劇にしました。
未村明によるオリジナルの翻訳に基づいています。勝手な二次創作ではなく、正式に原作者の許可を得ています。生前に台本をお見せしたら、大変喜んでくださいました。
(人形は園英俊(そのひでとし)氏の作品です。)

(ここから小声)じつは既存の訳には、訳し間違いと思われる個所が多々あります。誤訳はともかく、固有名詞の発音は、この私の訳のほうが「正しい」です。というのはル=グウィンさんに(生前)直接お会いしてお訊きしたからです。また、ご本人による朗読テープも私は持っていて(残念ながら絶版)、随時確認しています。
例1.主人公二人のうち一人の名前は、「エストラヴェン」です。冒頭の「エ」にアクセントがあります。(ハ●カワ訳のように「えすとらーべん」ではありません。)
例2.もう一人の主人公ゲンリーの所属する惑星同盟の名前は、「エキュメン」です。同じく冒頭の「エ」にアクセントがあります。(ハ●カワ訳のように「えくーめん」ではありません。)

小説そのものの訳を載せることは出来ませんが、せめてこの形で、できるかぎり原作に忠実な訳でお届けしていきます。
ぜひ、フォローお願いいたします!