緑の街の灰色の眼をした魔女たち

[ファンタジー]

3

797

0件のファンレター

孤独で気弱な少女マーヤは、死者を召喚し話せるという不思議な力を持っていた。
そんなある日ー。
いつもの森で小鳥の鳴き声を聴きながら召喚の呪文を唱えていると、突如と自分の頭上に瀕死の梟が落ちてくる。
そして、手当をしに自室に行き治し方の本を探しに義理父の書斎に向かう。そこで、謎の分厚い本を見つけるー。その本の中には亡くなった筈の母からな手紙があった。
そこで、意外な真実を知る事になる。マーヤの母は、魔女だったのだ。そして、100年間動かなかった古時計は急に動き出すー。
そして、マーヤは魔法界へと誘われ新たな人格が発動しー

ファンレター

ファンレターはありません