精霊綺譚

作者 深水千世

[ファンタジー]

2

11,507

0件のファンレター

世界は小さく、故に広かった。地図の果ては『未知』の帳で縁取られていた時代。
精霊と人はともにあったが、人は万物に精霊が宿ることを知らずに生きていた。
精霊には数多の王がおり、その王を統べるは六人の帝王。帝王を統べるは三柱の神。

天命に導かれ、抗い、そして全うする精霊と人の物語。


表紙絵/モルガさん

ファンレター

ファンレターはありません