カンヴァス議事録―少女と青年とオバケの話―

作者 和居

[学園・青春]

5

7,052

0件のファンレター

(長編文学賞締め切り前の完結目指して、ほぼ毎日更新したいと思っております→滑り込み完結!)

 「喫茶カンヴァス」でアルバイトに明け暮れる大学生の稲見杜羽子は、悪趣味な趣味を持つ同僚の高校生・都築誠介に手を焼いている。彼の趣味というのは、カンヴァスにやってきた訳ありの客同士をさりげなく誘導して巡りあわせることだ。
 春の初め頃、都築の工作により「オバケが見える」という少女に「オバケに触れる」という青年が話しかける場面を目撃してしまった杜羽子は、案の定二人の出会いの行く末を見守る羽目になるのだった。
 少しずつ良い雰囲気になっていくように見えた二人。しかしそんなある日、青年・ジュン君が突然恋人らしき女性を連れてカンヴァスへ来店し……

ファンレター

ファンレターはありません