幾望の色

作者 新稲蛍

[ファンタジー]

10

6,721

2件のファンレター

 子供の頃、一度だけ目にした不思議な花がある。祖母が持ってきてくれた、小さな小さな白い花。わたしが触れるとぼんやり白く光り、指を離すと光が消える。まるで魔法のような不思議な花だ。

 ――祖母との約束を果たすため、少女は旅に出る。
 わずかな記憶を頼りに、魔力を持たない少女が"魔法のように光る花"を求めてヴィリディアン王国を巡るお話。

ファンレター

ヴェルディグリ編、

いよいよ佳境に入ってきましたね。新しいキャラクターも次々に増えて、しかも皆さんエッジの効いた個性。どなたも生き生きとしています。 個人的にはネフリティス師匠が好きですねぇ……弟子になりたい(笑)。魔術・魔法に関する書き込みの細密さは、読んでいて本当に楽しいです。マニア心をくすぐられます。 43話にて大仕事を完成されたようですが、この後、ストーリーはどう動くのでしょう。そして「最後の仕事」を果したメルリアは? 楽しみに待っています。

返信(1)

はじめまして。

『幾望の色』拝読させていただきました。最初はゆっくりと舞台に照明が灯り、徐々に明るさを増していく……そんな書き方がとても印象的でした。物語の世界観もとても丁寧な作りこみがなされていて、安心して没入できます。主人公メルリアの成長と、少しずつ形を現わしていく謎の要素も面白く、次の展開が待ち遠しいです。  人が人と出会うことは一つの化学反応のようなもので、メルリアが様々な人々と出会う度に生まれる心の反応が瑞々しい。  これから先のメルリアと作者様の旅路を応援しております。

返信(1)