プラトニック・ラブ 【加筆修正版】

[学園・青春]

3

1,120

0件のファンレター

大学のサークルの先輩と仲良くなった朋美。あることをきっかけに、先輩は毎晩2時間近い電話をかけてくるようになった。一方的に話したかと思うと、突然投げられる沈黙。徐々に憔悴した朋美に投げられたのは『山内朋美の手の上で転がされた』と一方的なセリフ。

※【課題文学賞その六】「忘れたい友達」参加作品を修正した【加筆修正版】です。

ファンレター

ファンレターはありません