作品詳細

絶対にダメージを受けないスキルをもらったので、冒険者として無双してみる

77|ファンタジー|連載中|108話|330,078文字

【第1回『講談社NOVEL DAYS』リデビュー小説賞、受賞しました!】
平民の子として普通の学生生活を送っていた少年、ハルト・リーヴァ。
ひょんなことから『絶対にダメージを受けないスキル』を女神から与えられる。
それは世界最強の竜や魔族の攻撃であろうと、傷一つ負わないチートスキルだった。
冒険者となったハルトはスキルを駆使して無双し、やがて魔王クラスとも渡り合える不可侵の存在へと成長していく──。

●「面白かった」と思っていただけましたら、「いいね」や「作品お気に入り」を押していただけると励みになります(*´∀`*)
●他サイトでの最高順位
 小説家になろう:日間ハイファンタジー2位/総合3位 週間ハイファンタジー3位/総合4位
 アルファポリス:HOTランキング1位
●小説家になろうからの転載です。なろう版は本編完結済み。

応援コメント詳細

はじめまして。感想を書かせていただきます。

公式お知らせにある受賞の欄でお名前を発見し、読ませていただきました。

やはり受賞されるだけあってしっかりとした作品で、ストーリーもキャラクターさんも素晴らしい。さすがと思った点を一つあげさせていただくと、すべてのキャラクターさんがちゃんと『生きて』いること。例えば序盤の、

炎には耐えられたけど、たとえばドラゴンの爪や牙、尻尾なんかの物理攻撃にも不可侵なのか。
 そもそも、どの程度のダメージまでなら耐えられるのか。

 無制限なのか、一定以上の衝撃はアウトなのか。
 あるいは回数制限みたいなものはあるのか。

などのように、桁外れに強い力があっても、この主人公さんは最初にちゃんと警戒をしている。こういうところがリアリティーがあり、そういう部分があるから、その後の主人公さんの発言、行動に説得力が出ています。

あれこれ書くのではなく、自然な流れの中で『キャラクター=人間』ということを表すテクニックは、見習いたいなと思ったポイントの一つです。

他にもまだまだコメントに書きたい内容があるのですが、これ以上はご迷惑となりそうなので、このあたりで失礼させていただきます。

TOP