待ち人来たらず

作者 鶏林書笈

[歴史]

12

823

1件のファンレター

#Twitter300字ss参加作品。お題:来る。
新羅時代、異国に行ったまま戻らぬ夫を待つ妻のお話です。

ファンレター

う〜ん?

三国史記ですね。知ってる人は知ってるんでしょうが、知らない人には『何?』と言うことになりませんか?

もう一つ気になるのは、下記の説明と字数が変わらないことですね。雰囲気だけを感じて貰いたいと言うことですかね。意図が分かりかねます。

        記
生没年不詳。5世紀初めの朝鮮、新羅(しらぎ)の智将(ちしょう)。新羅第18代の実聖王は日本と高句麗(こうくり)の求めにこたえて、前王奈勿(なもつ)王の子の未斯欣(みしきん)と卜好(ぼくこう)を質としてこの2国に送ったが、奈勿王の子で第19代の訥祇(とつぎ)王は、堤上に命じて質となった兄弟の帰国を図った。堤上は、まず高句麗へ行き弁説巧みに卜好を獲得し、次に日本に渡り智略で未斯欣を帰国させたが、自らは斬殺(ざんさつ)されたと『三国史記』は伝えている。『三国遺事』では未斯欣・卜好は宝海・美海と伝える。

返信(0)

返信はありません