ラ・フォリア ‐ La Folía

作者 SARTRE6107

[ホラー]

15

5,839

2件のファンレター

東京の大学に通う学生の香澄は父の気まぐれで埼玉県の蓮田市へと引っ越す。そこには開かれた風景と広々とした空が広がり、東京都心とは違う装いを見せていた。その中で彼女は、元荒川のほとりで佇む一人の中学生、優斗と出会う。彼の持つノートには短文が散りばめられ、香澄はその世界に引き込まれて行く。

(「カクヨム」にも掲載)

ファンレター

惹き込まれるように読みました

もしかしたら香澄は、初めて優斗を見た時、自身の中にある気づかぬままの空虚で孤独な感情を重ね合わせたのかもしれないですね。
そして、そんな自分と一緒にそこから這い出てくれるのは優斗だと思ったのかもしれない。
けれど待っていたのは、どうしようもなく濃い闇とあと戻りできない現実・・・。

文学色の濃い作品は、とても好みです。